一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged 'コミュニケーション'

IT導入補助金でネット集客システムを手に入れる!?

077

こんにちは!一人起業戦略.comを運営している
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

こちらのサイトでのブログ投稿は
超久しぶりになります。
現在は、「KoichiMiyake.com」で
ブログ記事を定期的にアップしていますので
宜しければ、こちらのサイトも見てくださいね。

波動アップコンサルタント三宅巧一オフィシャルサイト

今回のブログ記事は、以下の方々にとって有益だと思います。

現時点で既に起業している
・個人事業主の方
・一人会社の経営者
・中小企業の経営者

あと、将来起業を考えている方は
参考情報としてこの記事を
読んでおいてくださいね。

この前の日曜日、

●波動アップ理念ビジネスコースの
参加メンバー
●個別コンサルのクライアント

に声をかけて、
「IT導入補助金の勉強会」
を開催しました。

077

講師は、私の個別コンサル
クライアントで、マーケティング
コンサルタントの方です。

IT導入補助金とは、どんな補助金なのか?
簡潔にお伝えすると・・・

●中小企業・小規模事業者等が
ITツール(ソフトウエア、サービス等)を
導入する経費の一部を補助する制度

●本補助金の目的は、中小企業・
小規模事業者等の生産性の向上
を図ること

生産性向上とは、
・売上アップ
・業務効率化による
経費削減や時間短縮
のことですね。

●中小企業・小規模事業者等が行う
生産性向上に係る計画の策定や
補助金申請手続等について、ITベンダー、
専門家等の支援を得ることで、目的の
着実な達成を推進する

●補助率は、かかった経費の
3分の2で、最大100万円

例えば、経費の総額が90万円の場合は
60万円が補助されるので、
自己負担は30万円

経費総額が60万円の場合は、40万円
補助されるので自己負担は20万円

ということになります。

●補助対象となるITツールとは・・・
・ホームページ、ブログ、
ランディングページ等の
集客に関するツール

・予約管理システム導入

・サロンや美容院などの
顧客管理システム導入

・決済システムの導入
などになります。

●申請書の提出期限は、2017年6月30日
7月中旬には採択結果が分かる

●9月末までの納品、支払いが必要

7月中旬の採択結果後に発注する
ことになるので、結構タイトな
スケジュールとなります。

でも、これを活用して、今まで
滞っていた業務を短期間で完了
させることが可能となりますね。

ここまでは、この補助金に関する概要
を箇条書きにしてみました。

より詳しい内容に関しては
「IT導入補助金」に関する
こちらのサイトをご覧ください!

■IT導入補助金採択と実際の
導入までのポイントとは?

●ポイント1:
申請は専門家の支援を受けること

IT導入補助金に限った話ではありませんが
補助金や助成金の申請に関しては、
素人では無理だと思います。

期間も短いですし、申請方法を学ぶ
のも大変な労力がかかります。

なので、ここは割り切って専門家
へ依頼する方が得策です。多少、
費用はかかりますが採択されれば、
確実にリターンがあります。

●ポイント2:
ITツールの発注先は
「IT導入事業支援者」である
必要があります。

いつも発注している会社が
IT導入事業支援者の申請を行い
審査をパスしていれば特に
問題はありませんが

そうではない場合、納期がタイト
なので、今から適切なIT導入事業
支援者を見つけておく必要
があると思います。

●ポイント3:
IT導入補助金の申請支援者と
IT導入事業支援者との
関係性が重要

つまり、コミュニケーションが
スムーズであることがポイントです。

というのは、申請支援者が書いた
内容に沿ったものをIT導入事業支援者
は成果物として短期間で納品する
必要があるからです。

申請支援者もIT導入事業支援者も
複数の案件を短期間で取り扱う
必要があるため、

採択結果が出る前から
コミュニケーションを密にして
おかないと9月末までの納品に
間に合わないと思います。

●ポイント4:
ブログ、ホームページ制作等
1つの機能だけでは審査は通らない
2つ以上の機能を組み合わせること

IT導入補助金は、コア機能が全部で
「10個」あります。コア機能とは
例えば・・・

予約機能、コミュニケーション機能、
決済機能、顧客管理機能などです。

ブログやホームページは
コミュニケーション機能なので、

・ブログ制作
・ホームページ制作

では、審査が通りません。

例えば、予約機能や決済機能を
組み込む必要があります。

■IT導入補助金を活用したい場合
実際にどうすれば良いのか?

●IT導入補助金の申請に関して

私の個別コンサルクライアント
(マーケティングコンサルタント)が
IT導入補助金の申請書類作成を
「着手金+成功報酬」
で対応してくれます。

最悪、補助金が採択されない場合、
かかる費用は着手金のみとなります
ので、リスクを最小限にして
この補助金申請にチャレンジできます。

また、申請書を書く段階においては
事業内容を詳しくヒアリングして
最適化してくれますので、実質
着手金でコンサルを受ける
ことができます。

そう考えるとリスクはないですね。

●採択後のITツール導入に関して

私の会社、戦略企画ドットコム(株)
、「IT導入事業支援者」の登録を
既に完了しているので、採択者
に対してITツールを導入する
ことができます。

当社の強みは、波動アップ以外ですと
「WordPressでネット集客システムを
構築すること」になりますので

・ブログ
・ホームページ
・ランディングページ
・会員サイト

の構築をメインとし
予約システムや決済機能、
動画などを組み込むサービスを
このIT導入補助金用に
準備しています。

なので、この機会にネット集客システム
を構築したいという方にとっては
良い機会になると思います。

ここ2年は、波動アップに関する
ビジネスに集中して取り組んでいたので
ネット集客関係のお仕事(新規)は
すべてお断りしていました。

今回は、この補助金に合わせ
期間限定で、ネット集客関係の仕事も
対応する予定です。

申請の締め切りが2017年6月30日と
まだ時間がありますので
IT導入補助金に関して具体的な
相談をしたいという方は
こちらからお問合せくださいね。

IT導入補助金に関する無料相談はこちら!

無料相談は、私のクライアント
(男性のマーケティングコンサルタント)
が対応します。補助金申請に詳しく
マーケティングにも精通しているので
ご安心くださいね。

それでは、良い1日を(^^)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

パーソナルブランディングを確立する6ステップ

こんにちは!

一人起業戦略.comを運営している
三宅巧一です。久しぶりの投稿です(汗)。

今まで、「引き寄せ集客コンサルタント
という肩書きでビジネス展開してきました。

WordPressとセルフSEOによる
広告費0円集客の仕組み作り

という領域においては、第一人者になれたのでは?
と思っています。

この分野における累計売上は約2億円以上となり
WordPress関連の塾生さんは、のべ130名以上
となっています。

このまま、この領域における
パーソナルブランディングを強化して
不動の地位を確立していく

という考え方もあると思いますが
昨年末からパーソナルブランディングに
関して、ブランドコンサルの方に入って頂き
ゼロベースで見直すことにしたのです。

で・・・結論としては、
「引き寄せ集客コンサルタント」
としての小さな成功は手放し、全く新しい
領域へチャレンジすることに決めました!

それが・・・
「波動アップコンサルタント」
という前人未踏の全く新しい世界です。

「波動アップコンサルタント三宅巧一
オフィシャルサイト」

も創りました。それがこちらのサイトです!

km

波動アップコンサルタント三宅巧一オフィシャルサイト「Koichi Miyake.com」はこちら!

私がリサーチした範囲では、
この肩書きで活動している人は
いませんでした。

そして、「波動アップコンサルティング」
というサービスを提供している人も皆無です。

ある意味、独占状態です(笑)。

では、なぜ今までの成功を手放し、この
「波動アップコンサルタント」
という肩書きにリポジショニングしたのか?

今日のブログ「メンター」でお伝え
したいと思います。

パーソナルブランディングを真剣に
考えている方やリブランディング・
リポジショニングを考えている方の
参考になれればと思います。

宜しければ、最後までお付き合いくださいね。

「パーソナルブランディング
を確立する6ステップ」

というテーマでお届けします。

■パーソナルブランディング・ステップ1:
ブランド専門のコンサルタントと契約する

私は、パーソナルブランディングの
専門家ではないので、まずは、コンサルタント
の人選から入りました。

最後は、サイトに落とし込むので、そのまま
デザインまで出来る方が適任ということで
以前、私のクライアントさんだった
team gardenの似鳥裕子さん
お願いすることにしたのです。

この「一人起業戦略.com」のサイトデザインも
似鳥さんにお願いし、十分な実績が出ていたので、
今回も迷うことなく彼女へお願いしました。

■パーソナルブランディング・ステップ2:
ブランディングの基本を学ぶ

彼女とブランドコンサル契約したら、まずは
パーソナルブランディングの基本に関して
レクチャーして頂きました。

全体像を把握しておく方がブランドコンサル
とのコミュニケーションが円滑になり
やるべきことも明確になります。

これから進める流れとしては、こんな感じ
になるとのことでした。

1.ブランド分析
2.ブランドアイデンティティ
3.ブランド要素
4.ブランド体験

それぞれに関しては、ステップで解説
して行きますね。

■パーソナルブランディング・ステップ3:
ブランド分析

ここからは、実際の作業に入って行きます。
まずは、現状のブランド分析です。

現時点において「三宅巧一」は
どんなブランドイメージを持たれているのか?
既存のクライアントさんや塾生さんにご協力
頂いてアンケートを取りました。

アンケートの内容は公開できないのですが
おもしろい質問内容があります。

少しだけシェアすると・・・

●“三宅巧一”を料理・味に例えると、
どんなイメージがしますか?

●“三宅巧一”はどんな香り
のイメージでしょうか?

ブランドコンサルタントが準備してくれた
質問は全部で13個。約20名の方に
ご回答頂きました。

そうすると、傾向が見えてきますね。

これらアンケート回答から出てきた
いろんなブランド要素を

・取り入れたい、強化したい内容
・不要な内容

に分類して行きました。

■パーソナルブランディング・ステップ4:
ブランドアイデンティティの確立

ここが普通の人だと大変だと思います。
私の場合は、ビジネス系のコンサルタントとして
普段から考えている内容だったので、かなり
スムーズに決めることができました。

ちなみに明確に定義する項目は
以下の内容になります。

・理念、ビジョン、ミッション
・ブランドプロミス
・顧客
・ポジショニング
・パーソナリティ

ここで、ポジショニングが出てくるのですが
私は、ここを思い切って変えることに
したのです。

主な理由は、以下の通りです。

●WordPress集客が一般化してきて、
競合が増えてきたこと

●広告費0円集客のコンセプトが他でも使われ
目新しくなくなってきたこと

●私である必然性が以前よりも弱くなっていること

●波動を上げたいというニーズはあるが
体系化ができていないこと

●波動を上げるコンサルタントが
世の中に存在しないこと

●私自身、波動を上げるノウハウを体系化し
自分でも実践することで、売上を
2年で5倍にしたこと

●スピリチュアル市場が拡大し、
大波が来ていること

●私しかこのサービスを提供できないこと
(波動を上げるノウハウとスキルをすべて
持ち合わせている人は恐らくいない)

■パーソナルブランディング・ステップ5:
ブランド要素の確立

次のステップは、ブランド要素の確立です。
例えば、以下の要素を明確にして行きます。

・ネーミング
・キャッチコピー
・ロゴ
・色
・ドメイン

今回は、
「三宅巧一=波動アップコンサルタント」
というイメージを持ってもらうこと
を狙っているので

サイトのネーミングは、私の名前である
「Koichi Miyake.com」にしました。

ドメインもそのままで
koichi-miyake.com
です。

キャッチコピーに関しては
ブランドストーリーを考え、
それを元にキャッチコピーを
考えました。

それらがこれです!

img01

img02

img03

img04

■パーソナルブランディング・ステップ6:
ブランド体験

最後のステップは、お客さんに
ブランドを体験して頂くことになります。

具体的には・・・

【直接的コミュニケーション】
・会話(言葉、声のトーン、周波数)
・身振り手振り
・ファッション、髪型

【間接的コミュニケーション】
・名刺
・WEBサイト
・Facebookなどのソーシャルメディア

などになります。

07

Facebookページ「波動アップコンサルタント三宅巧一」はこちら!

波動アップに関するセミナーや合宿を
開催しているので、是非、ブランドを
体験してほしいと思います!

06

6月14日(日)開催の波動アップセミナーはこちらをクリック!

6月30日(火)から7月2日(木)の2泊3日で開催する
「基礎代謝・波動アップ健康合宿」ははこちらをクリック!

それでは、セミナーや合宿で
お会いしましょう(^^)

■追伸:放課後等デイサービス経営支援.comのご紹介!

放課後等デイサービス経営支援.comは、放課後等デイサービス開業に関する
創業融資・創業補助金(助成金)無料相談サービスを開始しました!
放課後等デイサービスでの開業を目指している方は
税理士の今井信吾さんへコンタクトを取ってくださいね!

放課後等デイサービス開業に関する創業融資・創業補助金(助成金)無料相談サービスはこちらをクリック!

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

プロダクトローンチで1000万円以上受注する方法

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

この前の3連休は、

・All in one WordPressブログ集客塾(AWBM塾)
・WordPressマスター塾(WPM塾)

のセミナーを主催してました。

セミナー当日の様子はこんな感じです。

AWBM塾・第1期・6回目セミナー

AWBM塾第1期・6回目セミナー(講師:三宅巧一)

WPM塾・第1期・1回目セミナー

WPM塾・第1期・1回目セミナー(講師:三宅巧一)

この2つの塾の集客は、いずれも
”プロダクトローンチ”という
高度なマーケティング手法を
使っています。

そして、両方とも短期間で
1,000万円以上の受注となりました!

世の中では、プロダクトローンチを
やっている起業家が何名もいますが

うまくいっている人もいれば
そうでない人もいます。

今回のブログ「メンター」では

●なぜ、プロダクトローンチは
短期間で1,000万円以上の
受注となるのか?

●プロダクトローンチとは何か?

●プロダクトローンチは、具体的に
何をするのか?

という話をしたいと思います。

かなり長くなると思いますが
とても価値が高い、重要な話をしますので、
是非、最後までお付き合いください!

■なぜ、プロダクトローンチは短期間で
1,000万円以上の受注となるのか?

私自身が実践し、体感した上で
その理由を考えると、以下の3つに
集約できると思います。

・大量の見込み客を集めること

・見込み客に有料レベルの良質な情報を
無料で提供することで信頼関係を
構築すること

・見込み客の声を拾いながら有料商品へ
反映させていくこと

これを確実に実践すれば、
間違いなく売れる商品を作ることが
できるので、大きな成果を得る
ことができると思います。

■プロダクトローンチとは何か?

プロダクトローンチとは・・・
アメリカの有名なマーケターである
ジェフ・ウォーカーが開発した
マーケティング手法と言われています。

このプロダクトローンチという
手法を一言で説明すると・・・

無料で価値ある情報を提供しながら
お客さんのニーズを汲み取り、商品へ
反映させ、期待値を最大化した上で
セールスする手法と言えます。

縦に長いセールスレターを分解し、
動画にして配信しているような
イメージかも知れません。

■プロダクトローンチは、具体的に
何をするのか?

これに関しては、準備編と実践編に
分けてお伝えしますね。

【プロダクトローンチ・準備編】

●ステップ1:コンセプトを練る

プロダクトローンチがうまく
いくかどうかは、”コンセプト”
次第と言われています。

これは、プロダクトローンチに限った
話ではなく、ビジネス全般に
言えることです。

例えば、私の場合は、

———————————————————————————————————————-
広告宣伝費0円の「自動集客装置」を作る!
ネット集客のすべてを網羅した塾
———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-
ネット集客に必要な4つのツールを
WordPress一つで作る塾
———————————————————————————————————————-

というコンセプトでプロダクト
ローンチを行いました。

●ステップ2:無料コンテンツ作り

有料商品(私の場合は塾)を販売するためには
見込み客を集める必要があります。

そのためには、無料で価値の高い
コンテンツを準備することが重要です。

私の場合は、

・億単位を稼ぐ起業家(北野哲正さんや井口晃さん)
とのスペシャル対談動画
・質が高い動画コンテンツ
・無料オンライン講座参加特典

を準備しています。

そして、当たり前ですが、無料オンライン
講座全体の構成やシナリオを考える
必要があります。

●ステップ3:アフィリエイターへの依頼

プロダクトローンチは、短期間で
見込み客を一気に集める必要があるため、
メルマガ読者を多数持っている有力な
アフィリエイターの協力が必須です。

人脈を通して、ご協力頂けるように
働きかけるなど、有力なアフィリエイターと
接点を持つ必要があります。

これが結構大変かも知れませんね。

●ステップ4:ランディングページ制作

見込み客が無料オンライン講座や
無料WEBセミナーなどの無料オファーへ
登録するためのランディングページ
を準備します。

ランディングページを作るためには
コピーライティングのスキル
必須となります。

あと、自分で制作できない場合は
外部へ委託する必要があります。

ランディングページの完成度は
登録数に大きく影響しますので

できれば、経験豊富なプロに
依頼する方が確実です。

私の場合は、自分でコピーを書き
制作は、パートナーへ依頼
しました。

ちなみにランディングページの
登録率は、約30%でした。

ここまで、プロダクトローンチの
準備期間にやるべきことを
書いてみました。

結構、やることがありますね。

私の場合は、メンター2名の指導を
受けながら、

・動画の撮影と編集
・ランディングページ制作

を外部の専門家へお願いし、この2つ
以外のすべての業務は、自分一人で
準備しています。

これだけでも、相当大変ですよね。
続いて、プロダクトローンチ
実践編の話をします。

【プロダクトローンチ・実践編】

●ステップ1:ランディングページの告知

プロダクトローンチは、メールアドレスを
登録するランディングページ(LP)
の告知からスタートします。

ランディングページは、これです。

無料オンライン講座
「WordPressマスター講座」
では、2種類のランディングページ
を準備して、あらゆる媒体を
使って告知しました。

私が具体的に行った施策は
以下の内容です。

1.メルマガ【WBM通信】で告知
当時の読者数は、約7,500名でした。

2.アフィリエイターへの告知依頼

3.ブログ「気づきのシェア」で告知
月10,000アクセス以上のブログです。

4.ブログ「メンター」で告知
月5,000アクセス以上のブログです。

5.Facebookのタイムラインで告知

6.Facebookページ(3つあります)で告知

7.Facebookのイベント機能で告知

8.まぐまぐのメルマガで告知
以前、まぐまぐをやっていたので
数百名の読者がいます。

9.ジェイエイブラハムセミナー参加者
メーリングリストで告知

10.ドリームゲートのアドバイザー
メーリングリストで告知

11.Twitterで告知

12.ドリームゲートのセミナー
ページで告知

13.起業SNSのメルマガで告知

これに関しては、週1回コラムを
書いているので、無料で告知させて
もらいました。読者数は約5,000名です。

14.紹介キャンペーンの実施

これは、お友達を一人紹介して
くれたら、9,700円の教材を
プレゼントするという内容の
キャンペーンです。

このように14種類の施策
実行しました。

そして、約8,000名の登録者
集めています(内2,560名は自力
集めました)。

とにかく、あらゆる手段を使って
ランディングページへアクセスを
集めることが重要です。

●ステップ2:
アフィリエイトセンターの運営

ランディングページを多くの
人に見てもらい、メールアドレスを
登録してもらうためには

アフィリエイターの協力が
必須となります。

そのためには、
自社アフィリエイトセンター
の運営が必要です。

私の場合は、会員サービス
「コンラボ」のWOMマネージャー
を使っています。

プロダクトローンチ中は、毎日メールを
発信し、アフィリエイターとの
コミュニケーションを密に取ります。

そして、ランキングを発表したり
豪華商品を準備するなど、

アフィリエイターのやる気を
アップさせる施策を展開します。

●ステップ3:
見込み客とのコミュニケーション

ランディングページへ登録した人
(見込み客)と密にコミュニケーション
を取る必要があります。

つまり、プロダクトローンチが
スタートしたら、終了するまで、毎日、
メルマガを配信し、見込み客と信頼関係を
構築して行きます。

そして、準備した無料コンテンツ
(オンライン講座など)を小出しに
していきます。

●ステップ4:コメント対応

無料コンテンツ(動画など)を
順次公開して行きながら、
コメントを書いてもらう
ようにします。

例えば、エクササイズを準備し
エクササイズの内容をブログの
コメント欄へアップして
もらいます。

私の場合は、

・ブログのコメント欄
・Facebookコメント欄

を解放しました。

コメント数は、1,000件以上
なっていました。全部のコメントに
返信はできませんがすべてに
目を通しています。

そして、Facebookにて実名でコメント
してくれた方には、一つ一つ丁寧に
返事をしました。

●ステップ5:商品内容を固める

プロダクトローンチ準備段階で
60~70%の完成度で塾などの有料商品
(サービス)を準備しておきます。

ただ、最終的には、無料オンライン講座
受講者のコメントを見ながら、商品を
ブラッシュアップして行きます。

私の場合もすべてのコメントに
目を通し、参加者のニーズを把握しながら、
商品内容に手を加えて行きました。

プロダクトローンチに限らず、
見込み客の悩みや願望を
理解することは非常に重要です。

●ステップ6:
セールス動画のシナリオ作成

コメントを見ながら、商品内容を
固めたら、セールス動画の
シナリオを考えます。

そして、説明用の資料を
パワーポイントで作成し、
動画で話す内容を考えます。

その後、撮影がスムーズに
行くようにリハーサルを
2~3回行います。

●ステップ7:
セールス動画撮影

セールス動画の内容が固まったら
セールス動画撮影と編集を
行います。

だいたい、セールス動画は
2本撮影します。理由は
申込後に次のオファー動画
を流すためです。

私の場合は、だいたい2本の
セールス動画を準備と後片付け
含めて、3時間ぐらいで
撮影してしまいます。

動画撮影と編集作業は、自分では
無理なので、経験豊富な撮影の
プロにお願いしました。

●ステップ8:
セールス動画公開と申込みフォロー

セールス動画をタイミングを
見計らって公開します。

そして、3日間の先行販売期間を
設定し、特別価格で販売します。

この3日間は、いつもより多く
メルマガ配信回数を増やし、申込み
を促します。

メルマガの配信回数が増えると
解除も増えます。

でも、メルマガ解除を恐れては
いけません。解除する人のことよりも
迷っている人の背中を押すイメージ
メルマガを配信します。

特に最終日は、4通ぐらい
流します。そうすれば、メルマガを
配信するたびに申し込みがあります。

申込みが増えてくると、次は、入金の確認や
入金確認メールを発信するなど、事務的
な作業も増えます。

●ステップ9:
無料WEBセミナーの開催

先行販売開始直後が最も申し込みが
多いです。でも、販売開始から30分ぐらい
で、申し込みが止まります。

その後は、ポロポロ申込みが
ある程度で、最初の勢いはすっかり
なくなってしまいます。

そこで、先行販売期間中に無料の
WEBセミナーを開催し、申込みを
促します。

WEBセミナー開催のタイミングは、
・先行販売最終日
・先行販売中日
どちらでも良いと思います。

私は、両方試してみましたが
どちらも同じぐらいの効果
がありました。

●ステップ10:無料説明会の開催

先行販売が終了したら
今度は、リアルの無料説明会
を開催します。

開催時期は、先行販売が終了してから
1週間後ぐらいです。

告知開始からわずか5日程度しか
ありませんでしたが、17名の方より
お申込みを頂き、当日は12名の方に
ご参加頂いてます。

そして、その場で申し込んだ方が
複数名いました。

無料説明会は、一度だけではなく
複数回行う方が良いです。

2回目の集客が大変かも知れませんが
1日だけでは、日程が合わなくて
参加できない人もいるので、できれば
2回はやる方が良いですね。

ここまで来ると、無料オンライン講座
を全く見ていない人が大半なので
それを前提に説明会の構成を
考える必要があります。

●ステップ11:
ユーストリームで説明会映像配信

最後の無料説明会は、遠方の方に
配慮して、ユーストリームを活用し
ライブ中継も行います。

ここまで来るとさすがに視聴者は
少ないのですが、セミナーに
参加しているのとほぼ同じ状態
なので、数名の申込みが期待できます。

やらないよりは、絶対、やる方がいいですね。

私は、過去2回のプロダクトローンチ
でユーストリームを活用したライブ
中継を行っています。

そして、両方とも、ライブ中継を見て
申込んでくれた方がいました。

やはり、できることはすべて
やることが大切ですね。

そして、最後の最後まで
諦めないでやり切ることが
本当に大切だと思います。

ユーストリームのライブ中継は
録画をしておいて、翌日に
再放送を流すようにします。

そして、本当に最後の告知をします。

プロダクトローンの実践編だけでも、
これだけやることがあります。
かなりハードですよね。

でも、このプロダクトローンチを
一度経験すると、ある意味、何でも
できるようになり、怖いものが
なくなります(笑)。

そして、確実にレベルアップ
することができます。

まずは、規模の小さなプロダクト
ローンチで良いので、チャレンジ
してみてください!

必ず、成長できると思います。

かなり長くなりましたが
今回は、プロダクトローンチに
関する記事を書いてみました。

是非、参考にしてください!

もしも、本格的にプロダクトローンチ
を実践したいと思っている方は、個別コンサルの
マスターマインドコースで対応していますので、
お気軽にお声掛けください。

2回も経験し、2回とも成功しているので
いろいろとアドバイスできると思います。

それでは、ここまでお付き合い
頂きまして、ありがとうございます。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 3123
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top