一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged '勉強会'

IT導入補助金でネット集客システムを手に入れる!?

077

こんにちは!一人起業戦略.comを運営している
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

こちらのサイトでのブログ投稿は
超久しぶりになります。
現在は、「KoichiMiyake.com」で
ブログ記事を定期的にアップしていますので
宜しければ、こちらのサイトも見てくださいね。

波動アップコンサルタント三宅巧一オフィシャルサイト

今回のブログ記事は、以下の方々にとって有益だと思います。

現時点で既に起業している
・個人事業主の方
・一人会社の経営者
・中小企業の経営者

あと、将来起業を考えている方は
参考情報としてこの記事を
読んでおいてくださいね。

この前の日曜日、

●波動アップ理念ビジネスコースの
参加メンバー
●個別コンサルのクライアント

に声をかけて、
「IT導入補助金の勉強会」
を開催しました。

077

講師は、私の個別コンサル
クライアントで、マーケティング
コンサルタントの方です。

IT導入補助金とは、どんな補助金なのか?
簡潔にお伝えすると・・・

●中小企業・小規模事業者等が
ITツール(ソフトウエア、サービス等)を
導入する経費の一部を補助する制度

●本補助金の目的は、中小企業・
小規模事業者等の生産性の向上
を図ること

生産性向上とは、
・売上アップ
・業務効率化による
経費削減や時間短縮
のことですね。

●中小企業・小規模事業者等が行う
生産性向上に係る計画の策定や
補助金申請手続等について、ITベンダー、
専門家等の支援を得ることで、目的の
着実な達成を推進する

●補助率は、かかった経費の
3分の2で、最大100万円

例えば、経費の総額が90万円の場合は
60万円が補助されるので、
自己負担は30万円

経費総額が60万円の場合は、40万円
補助されるので自己負担は20万円

ということになります。

●補助対象となるITツールとは・・・
・ホームページ、ブログ、
ランディングページ等の
集客に関するツール

・予約管理システム導入

・サロンや美容院などの
顧客管理システム導入

・決済システムの導入
などになります。

●申請書の提出期限は、2017年6月30日
7月中旬には採択結果が分かる

●9月末までの納品、支払いが必要

7月中旬の採択結果後に発注する
ことになるので、結構タイトな
スケジュールとなります。

でも、これを活用して、今まで
滞っていた業務を短期間で完了
させることが可能となりますね。

ここまでは、この補助金に関する概要
を箇条書きにしてみました。

より詳しい内容に関しては
「IT導入補助金」に関する
こちらのサイトをご覧ください!

■IT導入補助金採択と実際の
導入までのポイントとは?

●ポイント1:
申請は専門家の支援を受けること

IT導入補助金に限った話ではありませんが
補助金や助成金の申請に関しては、
素人では無理だと思います。

期間も短いですし、申請方法を学ぶ
のも大変な労力がかかります。

なので、ここは割り切って専門家
へ依頼する方が得策です。多少、
費用はかかりますが採択されれば、
確実にリターンがあります。

●ポイント2:
ITツールの発注先は
「IT導入事業支援者」である
必要があります。

いつも発注している会社が
IT導入事業支援者の申請を行い
審査をパスしていれば特に
問題はありませんが

そうではない場合、納期がタイト
なので、今から適切なIT導入事業
支援者を見つけておく必要
があると思います。

●ポイント3:
IT導入補助金の申請支援者と
IT導入事業支援者との
関係性が重要

つまり、コミュニケーションが
スムーズであることがポイントです。

というのは、申請支援者が書いた
内容に沿ったものをIT導入事業支援者
は成果物として短期間で納品する
必要があるからです。

申請支援者もIT導入事業支援者も
複数の案件を短期間で取り扱う
必要があるため、

採択結果が出る前から
コミュニケーションを密にして
おかないと9月末までの納品に
間に合わないと思います。

●ポイント4:
ブログ、ホームページ制作等
1つの機能だけでは審査は通らない
2つ以上の機能を組み合わせること

IT導入補助金は、コア機能が全部で
「10個」あります。コア機能とは
例えば・・・

予約機能、コミュニケーション機能、
決済機能、顧客管理機能などです。

ブログやホームページは
コミュニケーション機能なので、

・ブログ制作
・ホームページ制作

では、審査が通りません。

例えば、予約機能や決済機能を
組み込む必要があります。

■IT導入補助金を活用したい場合
実際にどうすれば良いのか?

●IT導入補助金の申請に関して

私の個別コンサルクライアント
(マーケティングコンサルタント)が
IT導入補助金の申請書類作成を
「着手金+成功報酬」
で対応してくれます。

最悪、補助金が採択されない場合、
かかる費用は着手金のみとなります
ので、リスクを最小限にして
この補助金申請にチャレンジできます。

また、申請書を書く段階においては
事業内容を詳しくヒアリングして
最適化してくれますので、実質
着手金でコンサルを受ける
ことができます。

そう考えるとリスクはないですね。

●採択後のITツール導入に関して

私の会社、戦略企画ドットコム(株)
、「IT導入事業支援者」の登録を
既に完了しているので、採択者
に対してITツールを導入する
ことができます。

当社の強みは、波動アップ以外ですと
「WordPressでネット集客システムを
構築すること」になりますので

・ブログ
・ホームページ
・ランディングページ
・会員サイト

の構築をメインとし
予約システムや決済機能、
動画などを組み込むサービスを
このIT導入補助金用に
準備しています。

なので、この機会にネット集客システム
を構築したいという方にとっては
良い機会になると思います。

ここ2年は、波動アップに関する
ビジネスに集中して取り組んでいたので
ネット集客関係のお仕事(新規)は
すべてお断りしていました。

今回は、この補助金に合わせ
期間限定で、ネット集客関係の仕事も
対応する予定です。

申請の締め切りが2017年6月30日と
まだ時間がありますので
IT導入補助金に関して具体的な
相談をしたいという方は
こちらからお問合せくださいね。

IT導入補助金に関する無料相談はこちら!

無料相談は、私のクライアント
(男性のマーケティングコンサルタント)
が対応します。補助金申請に詳しく
マーケティングにも精通しているので
ご安心くださいね。

それでは、良い1日を(^^)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

労働集約型ビジネスの拡張性

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

12月5日(木)に「コンサル勉強会」があり、
私は講師として参加させて頂きました。

コンサル勉強会(講師:三宅巧一)

コンサル勉強会のテーマは
——————————–
労働集約型「コンサルティング」
ビジネスの可能性について
——————————–
になります。

そこで、本日のブログ「メンター」
では、勉強会のテーマだった

労働集約型ビジネスの拡張性

に関して、私なりの見解や実践内容を
あなたへお伝えしたいと思います。

■労働集約型ビジネスとは?

あなたは、労働集約型ビジネスという
言葉を聞いたことがあるでしょうか?

コンサルタント、コーチ、税理士・
司法書士・行政書士・社労士などの士業、
セラピスト、整体師、講師、
トレーナーなど

自分の時間を切り売りしている
ビジネスモデルの方が結構
いますよね。

ちなみに私もその一人です。

これが、労働集約型のビジネスモデル
になります。

このビジネスモデルは、初期費用を
低く抑えることができるので
大きくこけることはありません。

起業して失敗する人が多いので
リスクが少ないのは、大きな
メリットですね。

一方で、時間を切り売りしているので
一人当たりの売上は、いずれ限界に
達してしまいます。

コンサルタントであれば、一人当たり
売上の上限が2,000万円~3,000万円ぐらい
という感じです。

売上をもっと伸ばすためには
コンサルタントを採用するなど
人の数を拡大していく必要があります。

でも、私の場合は、幸いにして
一人会社でありながら、1対多の
ビジネスモデルにチャレンジすることで
生産性を上げることができました。

その”秘訣”を「コンサル勉強会」で
解説しています。

■戦略企画ドットコムの現状

現在の私の状況ですが・・・

●個別クライアント:約40名(法人含む)
●”All in one”WordPressブログ集客塾:約30名
●WordPressマスター塾:約50名

となっています。

個別コンサルクライアントと
塾生さんのダブりがあるので、それを
考慮すると、だいたい100名の方と
直接的な関わりを持っています。

で、よく言われるのが・・・

「三宅さん、寝てますか?」

です(笑)。

実は・・・
よく寝てます(^^)

睡眠はパフォーマンスに影響
するので、毎日7時間は寝るように
しています。

そうしないとクライアントさんや塾生さんに
対して失礼ですよね。良いコンディションで
接するように生活習慣には気を付けています。

大型プロモーションの時は、なかなか
ゆっくり寝れませんが、それでも
6時間は寝るようにしています。

では、どうやってこれだけの
ビジネスを回しているのか?ですが、
生産性を上げる工夫をしています。

例えば・・・

●新規の企業コンサル(顧問契約)は
受けないようにしています
※勝どきまで通って頂ける場合は
対応します。

●基本的にコンサルは、スカイプもしくは
勝どき(事務所)でするようにしています

これで往復の移動時間を削減
することができます。

●自分のコンサル・コーチング能力を
アップし、一人当たりのセッション時間対効果
を上げるように努力しています。

●会員サイトを構築し、基本的な内容
(SEOやブログ記事の書き方など)は
動画で学んでもらうようにしています

●20~30名程度のフロントエンドセミナーを
定期的に開催し、バックエンドを販売することで、
一度に複数のクライアントを獲得する
ようにしています

●プロダクトローンチというマーケティング
手法を取り入れ、2つの塾を開講することで、
1対多でも成果を出すことができる仕組みを
作っています

これらは、言うのは簡単ですが
実践はなかなか大変ですよね。

でも、努力すれば、十分実現可能
な内容だと思います。

私の場合は、理念が
「グローバルプロフェッショナルの創出」
なので、

「どのようにすれば一人でも多くの
プロフェッショナル人材を
創出できるのか?」

毎日のように自問自答しています。

そうすると、そこにアンテナが立っている
ので、自然に答えが見えてきます。

あとは、自分に足りない知識や能力を
セミナーや教材で身に付け、実践することで
成果を上げてきています。

今年は、初めてプロダクトローンチ
にもチャレンジしました。
しかも2回も!

この次の展開も既に頭の中に
構想として浮かんできています。

あとは、いつ実行に移すのか?
ですね。ちなみに現状でも、それを
実行するだけの余裕はあります。

労働集約型ビジネスモデルでも
アイデア、創意工夫によって、まだまだ
拡張できる余地は十分あると思います。

こんなお話しを「コンサル勉強会」で
させて頂きました。

参考にして頂けるとうれしいです(^^)

では、本日の「メンター」は、
ここまでにしたいと思います。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

備蓄コンビニ起業で不労所得を得る方法とは?

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

早いもので、もう2月に入りましたね。
年初に立てた目標に対する
進捗はどうでしょうか?

私は、今のところ順調に推移しています。
あなたは、どうですか?

さて、本日の「メンター」は、

「備蓄コンビニ起業で不労所得を得る方法」

というタイトルでお届けしたいと思います。

早く起業したいけど、どんなビジネスで
起業するのか?その方向性を見出せなくて
もやもやが続いている人は結構多いと思います。

そんな時は、FC(フランチャイズ)型の
ビジネスモデルでとりあえず起業し
ベース売上をまず作ってしまう
そんな起業方法もあります。

その後、理念を明確にし、自分が本当に
人生かけてやりたいビジネスをやる
という順番もありだと思います。

厳しい世の中ですから、起業するしか道がない
そんな人もいると思います。

今回お伝えする「備蓄コンビニ」ビジネスモデルは、

・個人事業主や一人会社
・中小企業

に有効なビジネスモデルです。

ビジネスモデルとしては、非常にシンプルで

(1)初期導入費ゼロの冷蔵庫を提供
(2)定期的に飲み物を補充
(3)料金を回収する

というサービスになります。

オフィスグルコのビジネスモデルとほぼ同じです。

オフィスグリコとの違いは

・ドリンクとお菓子の両方提供
・500mlの水が50円で購入できること
 (低価格であること)

になります。

ちなみに、あなたがやることは、冷蔵庫を
置いても良いという企業を探してくるだけです。

上記(1)から(3)は、すべてこの
ビジネスモデルを提供している会社が行います。

東京都で2013年4月~施行される
「帰宅困難者対策条例」とは?

このビジネスモデルは、2013年にブレイクする
と予測されています。

と言うのは・・・

2013年4月~東京都で「帰宅困難者対策条例」
が施行されるからです。

この条例の主な内容は、以下の通りです。

東日本大震災で多くの帰宅困難者が発生したことから
東京都は、2012年都内の全企業に対し、従業員3日分の
食料・水などの備蓄を求める条例を制定しました。

帰宅困難者対策条例の主な内容は以下の通りです。

●施設の安全を確認した上で、従業員を事業所内に留まらせること

●3日分の水や食料などの備蓄に努めること

この「3日分の水や食料などの備蓄に努めること」
がポイントになります。

中小企業が3日分の水や食料を
備蓄しておくことは、財務的に結構
大変だと思います。

そこで、「備蓄コンビニ」を利用すれば
水や食料を0円で備蓄できるという
メリットがあります。

この条例の施行により、備蓄コンビニの導入が
加速すると思われますので、今が先行者利益を
享受できる最大のチャンスになります。

ちなみに、こちらが「備蓄コンビニ」の
サービス紹介ページです。

会社の備蓄(食料・水)を促進する「備蓄食料・水.com」

私の法人クライアントも導入していますが
非常に好評です。何しろ、500mlの水や
普通の缶コーヒーなどが50円で購入できるので。

導入費用(冷蔵庫代)はゼロ円なので
導入しない理由があまりない
サービスになりますね。

なお、既にこのビジネスモデルで起業している
人が30名以上います。

また、既存ビジネスにおけるドアノック用商材
として活用している中小企業もあります。

非常に導入ハードルが低いことから
アポが取りやすいという特性があるので
ドアノック用商材として活用し、

その後、自社の主力商品を提案するという
流れを作ることが可能となります。

備蓄コンビニを活用することで

・既存顧客から簡単に追加利益が得られる
・新規顧客へのアポ取りが容易になる
・新規顧客から備蓄コンビニの利益が得られる
・新規顧客開拓により自社主力商品も販売できる

というベネフィットを得ることができます。

この商材は、一度導入できると、
ほぼ解約はないので、不労所得になります。

飲み物やお菓子の補充は、運営会社が行うので
あなたは、特に何もすることがありません。

この「備蓄コンビニ」に関する勉強会

「備蓄コンビニ活用で売上アップする戦略立案勉強会」
2月13日(水)18:30から開催することになりました。

そして、私もあなた独自の戦略立案をサポートするため
講師の一人として、この勉強会に参加し、あなたを
コーチング&コンサルティングします!

あなたとのコミュニケーションを密に取るため
先着5名限定の小規模勉強会になりますので
ご興味がある方はお早めにお申込み下さい。

・個人事業主でもっと売上を伸ばしたいと思っている人
・法人向けにビジネスをしている人(もしくは会社経営者)
・生命保険や損保営業、フルコミや歩合給営業の方
・中小装置メーカーやIT系企業の経営者
・これから起業を考えている会社員の方

にとっては、非常に有意義な勉強会に
なると思います。

勉強会の参加費用は、無料です。

また、私から参加特典として電子書籍(有料版)
「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ・総論編」
をプレゼントしたいと思います。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

「備蓄コンビニ活用で売上アップする戦略立案勉強会」
の詳細内容およびお申込みはこちら

では、勉強会の会場(渋谷・クロスタワー32階)
でお会いしましょう。

それでは、本日の「メンター」はここまでに
したいと思います。

●追伸:最強のエキスパート養成プログラム

世界No.1コーチであるアンソニー
(トニー)ロビンズのプラチナパートナー
である井口晃さんが、著者プロデューサーの
長倉顕太さんとタッグを組んで、

最強のエキスパート養成プログラム
という無料オンライン講座を
スタートしました。

この最強のエキスパート養成プログラムは、

===============================
●世界中で1,000万プレーヤー続出中の
「話題の職業」の極秘対談(全3回)

●即実践できる!
『ナガクライズム』&
『井口式マインドセット』
5daysテクニック

●全7回・4週間
「最強エキスパート養成講座」
==============================

という構成になっています。

私も登録済で、既に対談動画を見ています。
非常にお勧めなので、是非ご登録ください。

最強のエキスパート養成プログラムの詳細はこちら(無料です)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 1312345...10...最後 »
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top