一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » 労働集約型ビジネス»労働集約型ビジネスの拡張性

労働集約型ビジネスの拡張性

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

12月5日(木)に「コンサル勉強会」があり、
私は講師として参加させて頂きました。

コンサル勉強会(講師:三宅巧一)

コンサル勉強会のテーマは
——————————–
労働集約型「コンサルティング」
ビジネスの可能性について
——————————–
になります。

そこで、本日のブログ「メンター」
では、勉強会のテーマだった

労働集約型ビジネスの拡張性

に関して、私なりの見解や実践内容を
あなたへお伝えしたいと思います。

■労働集約型ビジネスとは?

あなたは、労働集約型ビジネスという
言葉を聞いたことがあるでしょうか?

コンサルタント、コーチ、税理士・
司法書士・行政書士・社労士などの士業、
セラピスト、整体師、講師、
トレーナーなど

自分の時間を切り売りしている
ビジネスモデルの方が結構
いますよね。

ちなみに私もその一人です。

これが、労働集約型のビジネスモデル
になります。

このビジネスモデルは、初期費用を
低く抑えることができるので
大きくこけることはありません。

起業して失敗する人が多いので
リスクが少ないのは、大きな
メリットですね。

一方で、時間を切り売りしているので
一人当たりの売上は、いずれ限界に
達してしまいます。

コンサルタントであれば、一人当たり
売上の上限が2,000万円~3,000万円ぐらい
という感じです。

売上をもっと伸ばすためには
コンサルタントを採用するなど
人の数を拡大していく必要があります。

でも、私の場合は、幸いにして
一人会社でありながら、1対多の
ビジネスモデルにチャレンジすることで
生産性を上げることができました。

その”秘訣”を「コンサル勉強会」で
解説しています。

■戦略企画ドットコムの現状

現在の私の状況ですが・・・

●個別クライアント:約40名(法人含む)
●”All in one”WordPressブログ集客塾:約30名
●WordPressマスター塾:約50名

となっています。

個別コンサルクライアントと
塾生さんのダブりがあるので、それを
考慮すると、だいたい100名の方と
直接的な関わりを持っています。

で、よく言われるのが・・・

「三宅さん、寝てますか?」

です(笑)。

実は・・・
よく寝てます(^^)

睡眠はパフォーマンスに影響
するので、毎日7時間は寝るように
しています。

そうしないとクライアントさんや塾生さんに
対して失礼ですよね。良いコンディションで
接するように生活習慣には気を付けています。

大型プロモーションの時は、なかなか
ゆっくり寝れませんが、それでも
6時間は寝るようにしています。

では、どうやってこれだけの
ビジネスを回しているのか?ですが、
生産性を上げる工夫をしています。

例えば・・・

●新規の企業コンサル(顧問契約)は
受けないようにしています
※勝どきまで通って頂ける場合は
対応します。

●基本的にコンサルは、スカイプもしくは
勝どき(事務所)でするようにしています

これで往復の移動時間を削減
することができます。

●自分のコンサル・コーチング能力を
アップし、一人当たりのセッション時間対効果
を上げるように努力しています。

●会員サイトを構築し、基本的な内容
(SEOやブログ記事の書き方など)は
動画で学んでもらうようにしています

●20~30名程度のフロントエンドセミナーを
定期的に開催し、バックエンドを販売することで、
一度に複数のクライアントを獲得する
ようにしています

●プロダクトローンチというマーケティング
手法を取り入れ、2つの塾を開講することで、
1対多でも成果を出すことができる仕組みを
作っています

これらは、言うのは簡単ですが
実践はなかなか大変ですよね。

でも、努力すれば、十分実現可能
な内容だと思います。

私の場合は、理念が
「グローバルプロフェッショナルの創出」
なので、

「どのようにすれば一人でも多くの
プロフェッショナル人材を
創出できるのか?」

毎日のように自問自答しています。

そうすると、そこにアンテナが立っている
ので、自然に答えが見えてきます。

あとは、自分に足りない知識や能力を
セミナーや教材で身に付け、実践することで
成果を上げてきています。

今年は、初めてプロダクトローンチ
にもチャレンジしました。
しかも2回も!

この次の展開も既に頭の中に
構想として浮かんできています。

あとは、いつ実行に移すのか?
ですね。ちなみに現状でも、それを
実行するだけの余裕はあります。

労働集約型ビジネスモデルでも
アイデア、創意工夫によって、まだまだ
拡張できる余地は十分あると思います。

こんなお話しを「コンサル勉強会」で
させて頂きました。

参考にして頂けるとうれしいです(^^)

では、本日の「メンター」は、
ここまでにしたいと思います。



一人起業戦略.comからのお知らせ


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top