一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Archive by category 'プロダクトローンチ'

プロダクトローンチで1000万円以上受注する方法

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

この前の3連休は、

・All in one WordPressブログ集客塾(AWBM塾)
・WordPressマスター塾(WPM塾)

のセミナーを主催してました。

セミナー当日の様子はこんな感じです。

AWBM塾・第1期・6回目セミナー

AWBM塾第1期・6回目セミナー(講師:三宅巧一)

WPM塾・第1期・1回目セミナー

WPM塾・第1期・1回目セミナー(講師:三宅巧一)

この2つの塾の集客は、いずれも
”プロダクトローンチ”という
高度なマーケティング手法を
使っています。

そして、両方とも短期間で
1,000万円以上の受注となりました!

世の中では、プロダクトローンチを
やっている起業家が何名もいますが

うまくいっている人もいれば
そうでない人もいます。

今回のブログ「メンター」では

●なぜ、プロダクトローンチは
短期間で1,000万円以上の
受注となるのか?

●プロダクトローンチとは何か?

●プロダクトローンチは、具体的に
何をするのか?

という話をしたいと思います。

かなり長くなると思いますが
とても価値が高い、重要な話をしますので、
是非、最後までお付き合いください!

■なぜ、プロダクトローンチは短期間で
1,000万円以上の受注となるのか?

私自身が実践し、体感した上で
その理由を考えると、以下の3つに
集約できると思います。

・大量の見込み客を集めること

・見込み客に有料レベルの良質な情報を
無料で提供することで信頼関係を
構築すること

・見込み客の声を拾いながら有料商品へ
反映させていくこと

これを確実に実践すれば、
間違いなく売れる商品を作ることが
できるので、大きな成果を得る
ことができると思います。

■プロダクトローンチとは何か?

プロダクトローンチとは・・・
アメリカの有名なマーケターである
ジェフ・ウォーカーが開発した
マーケティング手法と言われています。

このプロダクトローンチという
手法を一言で説明すると・・・

無料で価値ある情報を提供しながら
お客さんのニーズを汲み取り、商品へ
反映させ、期待値を最大化した上で
セールスする手法と言えます。

縦に長いセールスレターを分解し、
動画にして配信しているような
イメージかも知れません。

■プロダクトローンチは、具体的に
何をするのか?

これに関しては、準備編と実践編に
分けてお伝えしますね。

【プロダクトローンチ・準備編】

●ステップ1:コンセプトを練る

プロダクトローンチがうまく
いくかどうかは、”コンセプト”
次第と言われています。

これは、プロダクトローンチに限った
話ではなく、ビジネス全般に
言えることです。

例えば、私の場合は、

———————————————————————————————————————-
広告宣伝費0円の「自動集客装置」を作る!
ネット集客のすべてを網羅した塾
———————————————————————————————————————-

———————————————————————————————————————-
ネット集客に必要な4つのツールを
WordPress一つで作る塾
———————————————————————————————————————-

というコンセプトでプロダクト
ローンチを行いました。

●ステップ2:無料コンテンツ作り

有料商品(私の場合は塾)を販売するためには
見込み客を集める必要があります。

そのためには、無料で価値の高い
コンテンツを準備することが重要です。

私の場合は、

・億単位を稼ぐ起業家(北野哲正さんや井口晃さん)
とのスペシャル対談動画
・質が高い動画コンテンツ
・無料オンライン講座参加特典

を準備しています。

そして、当たり前ですが、無料オンライン
講座全体の構成やシナリオを考える
必要があります。

●ステップ3:アフィリエイターへの依頼

プロダクトローンチは、短期間で
見込み客を一気に集める必要があるため、
メルマガ読者を多数持っている有力な
アフィリエイターの協力が必須です。

人脈を通して、ご協力頂けるように
働きかけるなど、有力なアフィリエイターと
接点を持つ必要があります。

これが結構大変かも知れませんね。

●ステップ4:ランディングページ制作

見込み客が無料オンライン講座や
無料WEBセミナーなどの無料オファーへ
登録するためのランディングページ
を準備します。

ランディングページを作るためには
コピーライティングのスキル
必須となります。

あと、自分で制作できない場合は
外部へ委託する必要があります。

ランディングページの完成度は
登録数に大きく影響しますので

できれば、経験豊富なプロに
依頼する方が確実です。

私の場合は、自分でコピーを書き
制作は、パートナーへ依頼
しました。

ちなみにランディングページの
登録率は、約30%でした。

ここまで、プロダクトローンチの
準備期間にやるべきことを
書いてみました。

結構、やることがありますね。

私の場合は、メンター2名の指導を
受けながら、

・動画の撮影と編集
・ランディングページ制作

を外部の専門家へお願いし、この2つ
以外のすべての業務は、自分一人で
準備しています。

これだけでも、相当大変ですよね。
続いて、プロダクトローンチ
実践編の話をします。

【プロダクトローンチ・実践編】

●ステップ1:ランディングページの告知

プロダクトローンチは、メールアドレスを
登録するランディングページ(LP)
の告知からスタートします。

ランディングページは、これです。

無料オンライン講座
「WordPressマスター講座」
では、2種類のランディングページ
を準備して、あらゆる媒体を
使って告知しました。

私が具体的に行った施策は
以下の内容です。

1.メルマガ【WBM通信】で告知
当時の読者数は、約7,500名でした。

2.アフィリエイターへの告知依頼

3.ブログ「気づきのシェア」で告知
月10,000アクセス以上のブログです。

4.ブログ「メンター」で告知
月5,000アクセス以上のブログです。

5.Facebookのタイムラインで告知

6.Facebookページ(3つあります)で告知

7.Facebookのイベント機能で告知

8.まぐまぐのメルマガで告知
以前、まぐまぐをやっていたので
数百名の読者がいます。

9.ジェイエイブラハムセミナー参加者
メーリングリストで告知

10.ドリームゲートのアドバイザー
メーリングリストで告知

11.Twitterで告知

12.ドリームゲートのセミナー
ページで告知

13.起業SNSのメルマガで告知

これに関しては、週1回コラムを
書いているので、無料で告知させて
もらいました。読者数は約5,000名です。

14.紹介キャンペーンの実施

これは、お友達を一人紹介して
くれたら、9,700円の教材を
プレゼントするという内容の
キャンペーンです。

このように14種類の施策
実行しました。

そして、約8,000名の登録者
集めています(内2,560名は自力
集めました)。

とにかく、あらゆる手段を使って
ランディングページへアクセスを
集めることが重要です。

●ステップ2:
アフィリエイトセンターの運営

ランディングページを多くの
人に見てもらい、メールアドレスを
登録してもらうためには

アフィリエイターの協力が
必須となります。

そのためには、
自社アフィリエイトセンター
の運営が必要です。

私の場合は、会員サービス
「コンラボ」のWOMマネージャー
を使っています。

プロダクトローンチ中は、毎日メールを
発信し、アフィリエイターとの
コミュニケーションを密に取ります。

そして、ランキングを発表したり
豪華商品を準備するなど、

アフィリエイターのやる気を
アップさせる施策を展開します。

●ステップ3:
見込み客とのコミュニケーション

ランディングページへ登録した人
(見込み客)と密にコミュニケーション
を取る必要があります。

つまり、プロダクトローンチが
スタートしたら、終了するまで、毎日、
メルマガを配信し、見込み客と信頼関係を
構築して行きます。

そして、準備した無料コンテンツ
(オンライン講座など)を小出しに
していきます。

●ステップ4:コメント対応

無料コンテンツ(動画など)を
順次公開して行きながら、
コメントを書いてもらう
ようにします。

例えば、エクササイズを準備し
エクササイズの内容をブログの
コメント欄へアップして
もらいます。

私の場合は、

・ブログのコメント欄
・Facebookコメント欄

を解放しました。

コメント数は、1,000件以上
なっていました。全部のコメントに
返信はできませんがすべてに
目を通しています。

そして、Facebookにて実名でコメント
してくれた方には、一つ一つ丁寧に
返事をしました。

●ステップ5:商品内容を固める

プロダクトローンチ準備段階で
60~70%の完成度で塾などの有料商品
(サービス)を準備しておきます。

ただ、最終的には、無料オンライン講座
受講者のコメントを見ながら、商品を
ブラッシュアップして行きます。

私の場合もすべてのコメントに
目を通し、参加者のニーズを把握しながら、
商品内容に手を加えて行きました。

プロダクトローンチに限らず、
見込み客の悩みや願望を
理解することは非常に重要です。

●ステップ6:
セールス動画のシナリオ作成

コメントを見ながら、商品内容を
固めたら、セールス動画の
シナリオを考えます。

そして、説明用の資料を
パワーポイントで作成し、
動画で話す内容を考えます。

その後、撮影がスムーズに
行くようにリハーサルを
2~3回行います。

●ステップ7:
セールス動画撮影

セールス動画の内容が固まったら
セールス動画撮影と編集を
行います。

だいたい、セールス動画は
2本撮影します。理由は
申込後に次のオファー動画
を流すためです。

私の場合は、だいたい2本の
セールス動画を準備と後片付け
含めて、3時間ぐらいで
撮影してしまいます。

動画撮影と編集作業は、自分では
無理なので、経験豊富な撮影の
プロにお願いしました。

●ステップ8:
セールス動画公開と申込みフォロー

セールス動画をタイミングを
見計らって公開します。

そして、3日間の先行販売期間を
設定し、特別価格で販売します。

この3日間は、いつもより多く
メルマガ配信回数を増やし、申込み
を促します。

メルマガの配信回数が増えると
解除も増えます。

でも、メルマガ解除を恐れては
いけません。解除する人のことよりも
迷っている人の背中を押すイメージ
メルマガを配信します。

特に最終日は、4通ぐらい
流します。そうすれば、メルマガを
配信するたびに申し込みがあります。

申込みが増えてくると、次は、入金の確認や
入金確認メールを発信するなど、事務的
な作業も増えます。

●ステップ9:
無料WEBセミナーの開催

先行販売開始直後が最も申し込みが
多いです。でも、販売開始から30分ぐらい
で、申し込みが止まります。

その後は、ポロポロ申込みが
ある程度で、最初の勢いはすっかり
なくなってしまいます。

そこで、先行販売期間中に無料の
WEBセミナーを開催し、申込みを
促します。

WEBセミナー開催のタイミングは、
・先行販売最終日
・先行販売中日
どちらでも良いと思います。

私は、両方試してみましたが
どちらも同じぐらいの効果
がありました。

●ステップ10:無料説明会の開催

先行販売が終了したら
今度は、リアルの無料説明会
を開催します。

開催時期は、先行販売が終了してから
1週間後ぐらいです。

告知開始からわずか5日程度しか
ありませんでしたが、17名の方より
お申込みを頂き、当日は12名の方に
ご参加頂いてます。

そして、その場で申し込んだ方が
複数名いました。

無料説明会は、一度だけではなく
複数回行う方が良いです。

2回目の集客が大変かも知れませんが
1日だけでは、日程が合わなくて
参加できない人もいるので、できれば
2回はやる方が良いですね。

ここまで来ると、無料オンライン講座
を全く見ていない人が大半なので
それを前提に説明会の構成を
考える必要があります。

●ステップ11:
ユーストリームで説明会映像配信

最後の無料説明会は、遠方の方に
配慮して、ユーストリームを活用し
ライブ中継も行います。

ここまで来るとさすがに視聴者は
少ないのですが、セミナーに
参加しているのとほぼ同じ状態
なので、数名の申込みが期待できます。

やらないよりは、絶対、やる方がいいですね。

私は、過去2回のプロダクトローンチ
でユーストリームを活用したライブ
中継を行っています。

そして、両方とも、ライブ中継を見て
申込んでくれた方がいました。

やはり、できることはすべて
やることが大切ですね。

そして、最後の最後まで
諦めないでやり切ることが
本当に大切だと思います。

ユーストリームのライブ中継は
録画をしておいて、翌日に
再放送を流すようにします。

そして、本当に最後の告知をします。

プロダクトローンの実践編だけでも、
これだけやることがあります。
かなりハードですよね。

でも、このプロダクトローンチを
一度経験すると、ある意味、何でも
できるようになり、怖いものが
なくなります(笑)。

そして、確実にレベルアップ
することができます。

まずは、規模の小さなプロダクト
ローンチで良いので、チャレンジ
してみてください!

必ず、成長できると思います。

かなり長くなりましたが
今回は、プロダクトローンチに
関する記事を書いてみました。

是非、参考にしてください!

もしも、本格的にプロダクトローンチ
を実践したいと思っている方は、個別コンサルの
マスターマインドコースで対応していますので、
お気軽にお声掛けください。

2回も経験し、2回とも成功しているので
いろいろとアドバイスできると思います。

それでは、ここまでお付き合い
頂きまして、ありがとうございます。


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top