一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged '辛い経験'

プロフィールの書き方とは?ストーリーを使うと効果的!?

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

前回の「メンター」では、
ストーリー集客に関する話を
しました。

こちらです。

ストーリー集客!ストーリーの作り方とは?

この記事の中で
”ストーリーの型”
を書いてます。

もう一度復習すると・・・

1.欲望
2.問題/ニーズ
3.敵
4.計画
5.戦い
6.自己発見(学び)
7.心の平静(行動)

でしたね。

でも、実際にどう活用すれば
良いのか?イメージが湧いてこないかも?
知れませんね。

そこで、本日のブログ「メンター」では
ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方
を伝授しますね。

■ストーリー型プロフィールの書き方とは?

では、ストーリーの型に従って、
私のケースを簡単に書いてみます。

1.欲望

私の場合、特に野心や欲望が
あったわけでもなく(笑)、とにかく
カリスマ事業部長の一声で
アメリカ駐在が決定。

アメリカ駐在が嫌で”逃げの転職活動”
に専念している時期がありました。

でも、転職活動はうまく行かず
意を決して、アメリカに向けて
出発しました。

行くからには、必ず成功する!
と意気込んでアメリカの地に足を
踏み入れました。

2.問題/ニーズ

アメリカに駐在してすぐ、大きな
問題にぶち当たります。

それは・・・
人間関係です。

まず、英語が苦手なので、アメリカ人
スタッフとのコミュニケーションが
うまく取れませんでした。

誤解もあり、アメリカ人から
無視されるようになったのです。

そして、もう一つの問題は
新任日本人社長との人間関係。

完全に孤立してました。

3.敵

それでも、自分の強みにフォーカスし
貢献できるように努力しました。

その結果、赴任から2年目の2000年は、
事業部とし過去最高の売上を記録します。

でも翌年の2001年、状況が一変します。
そう、ITバブル崩壊と
同時多発テロの勃発です。

アメリカは大不況に陥り、
街は、失業者で溢れました。

4.計画

私の事業部も待ったなしの
事業再建が必要な状況となり

私が事業再建責任者となって
事業再建計画を立案、
実行することになったのです。

事業再建には、人員削減が
付き物です。また、不採算事業は
撤退する必要もあります。

今まで仲間だった人を
解雇しなければ生き残れない・・・

非常に辛い経験でした。

5.戦い

事業再建計画が本社で承認され
いよいよ実行の時がきました。

不採算事業の撤退では
取引先から訴訟を起こすと
脅されました。

社員の解雇通告は、社長が行い
ましたが、なぜ、日本人は解雇
されないのか・・・?

問い詰められました。

でも、生き残るためには
この大不況と戦い、事業を建て直す
必要があったのです。

6.自己発見(学び)

この事業再建を通して、3つの
ことを思いました。

一つ目は、このような出来事は
今後、日本でも普通に起こるということ

二つ目は、明日は我が身であること
いつ解雇されてもおかしくありません。

どこでも通用する真のプロフェッショナル
人材になる必要があると強く思いました。

そして三つ目は、このメッセージを
一人でも多くの人へ伝え、

日本でも海外でも、どこでも通用する
プロフェッショナル人材を創出できる
仕組みを作りたい

そう真剣に思いました。

7.心の平静(行動)

事業再建成功後、アメリカから帰国。
ベンチャー企業へ転職し、3つの新規事業
立上げを経験しました。

そして、2009年7月にコンサルタントとして
独立起業。今は、自分の理念である

グローバルプロフェッショナル創出

を実現するため、一人起業したい方を
コンサル・コーチという立場で
サポートしています。

非常に簡単ではありますが
ストーリーの型を使うと
こんな感じのプロフィールになります。

私のプロフィールの詳細に関しては
こちらのページをご覧ください。

ストーリーを活用した
プロフィールの書き方
が理解できると思います。

三宅巧一のストーリー型プロフィールはこちら!

本日は、ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方について
お伝えしました。

あなたの魅力を伝えるために
是非、ストーリーの力を
使ってくださいね。

それでは、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

ランディングページを活用する3つの目的とは?

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

9月8日(土)に「理念起業勉強会
を開催しました。

前回の「メンター」でも、この話題に少し
触れましたが、今回は、この理念起業勉強会に
参加するため、わざわざ熊本から上京
した女性経営者がいました。

”理念起業”というキーワード
が気になり、私のブログを読んで
そのまま参加申し込みしたとの
ことでした。

理念というのは、奥が深く
なかなか発掘するのが大変ですよね。

でも、この”理念”に気づき
理念達成を追求するような行動を
起こすと、自然に良い方向へ向かっていく
と思っています。

昨日、9月11日は、アメリカで同時多発テロ
が勃発した日でした。

私が自分の理念に気づいたのは、
この事件が一つの大きなきっかけ
になっています。

2001年当時、私はアメリカに
駐在していました。

ちょうどその日、成田空港を飛び立ち
アメリカNJ州(ニュージャージー州)の
ニューアーク国際空港へ向かっているところでした。

同時多発テロが起こった頃、私は
コンチネンタル航空のビジネスクラスで
太平洋上空を飛んでいたのです。

そして、アラスカのアンカレッジに
緊急着陸し、アラスカで1週間ほど
過ごすことになります。

今から11年も前の話ですが、
未だに当時のことは、
よく覚えています。

2001年のアメリカは、
ITバブル崩壊と同時多発テロ
によって、大不況となりました。

もちろん、当時勤務していた会社も
例外ではなく、私が事業再建責任者となって、
事業のリストラクチャリングを進めました。

18名いた組織を7名まで削減し、
翌年度黒字化を達成、3年後には
事業を成長軌道に乗せることができました。

今、こうして独立起業し、中小企業の
業績アップ支援や一人会社・一人起業家の
戦略面や集客面を支援させて頂いているのは、

当時の辛い経験や熱い思いが
ベースになっています。

そして、私の理念である
グローバルプロフェッショナルの創出
についても、この経験を通した
”気づき”によって確立しました。

当時の様子や自分の理念発掘までに至った経緯に
ついては、プロフィールページにも詳しく
記載していますので、一度読んで
頂けるとうれしいです。

三宅巧一のプロフィールはこちら

なぜ、「グローバルプロフェッショナルの創出」
を最終的に目指しているのか?その理由が
書いてあります。

さて、前置きが長くなりましたが
本日の本題に入りますね。

本日の「メンター」は
ランディングページ(LP)
に関するお話しです。

あなたは、ランディングページ(LP)
という言葉を聞いたことが
ありますよね。

ランディングページとは
英語で「Landing page」と
表現します。

Landing = 飛行機の着陸
ですよね。なので、マーケティング
におけるLanding pageとは
見込み客が訪問するページと言えます。

では、何のためにランディングページが
必要なのか?その目的は何か?

今日は、そんな話をしたいと思います。

ランディングページを準備する
目的は、大きく分類すると
3つあります。

●ランディングページの目的1:
見込み客を見える化すること

魅力的な無料オファーを提供する
代わりに個人情報を残して
もらうようなランディング
ページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

無料レポートをダウンロードするLP

この無料オファーで見込み客の
個人情報を入手する手法を
マーケティングでは、

リードジェネレーション

と言います。

リード(=lead):見込み客
ジェネレーション(generation):生み出す・生成

つまり、見込み客を開拓する
一つの手法ですね。

その時にランディングページ(LP)
を使います。

●ランディングページの目的2:
フロントエンドの紹介ページ

セミナーや情報商材などの
フロントエンド(お試し商品・サービス)
へ申し込んで頂くための
ランディングページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

「SEOセミナー」のサービス紹介と申し込み用LP

●ランディングページの目的3:
バックエンドの紹介ページ

あなたが提供している最大価値を
実現する商品・サービスである
バックエンドを説明する
ランディングページです。

価格が高額の場合、いきなり
契約や注文に至らないことが
考えられるので、出口を
無料相談にするケースもあります。

例えば、こんな感じのランディングページです。

ブログ集客パックライトのサービス紹介と無料相談申し込み用LP

あとは、

・無料サービスへの申し込み
・アフィリエイター募集
・人材やパートナー募集
など

いろいろとランディングページを
活用する方法があります。

いずれの場合も重要なことは
以下の2つになります。

1.テーマ(コンセプト)を一つに絞ること
2.出口の種類を一つに絞ること

ランディングページの
ポイントに関しては、次回の
「メンター」で説明しますね。

ここでは、ランディングページとは
どういうもので、どんな目的で
使うものなのか?を理解しておいて下さい。

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

人生の辛い出来事と意味づけ・理念発掘法(2)

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して13回目の
記事になります。今回のブログ「メンター」も
理念発掘に関するお話の続きです。

前回のメンターでは、
自分年表を作成する方法
に関して説明しました。

前回の記事は、こちらです。
自分年表を作成する方法・理念発掘法(1)

メルマガ読者さんには、以下3つの動画講座を
順次公開します。

動画講座(1)「自分年表を作成し”理念”を構築する方法」(約16分):
※生まれてから29歳まで

動画講座(2)「自分年表を作成し”理念”を構築する方法」(約13分):
※30歳から41歳まで

動画講座(3)「自分年表を作成し”理念”を構築する方法」(約12分):
※まとめ(理念への落とし込み方法)

もし宜しければ、メルマガにご登録下さい。
まだ、これらの動画講座の案内を始めた
ばかりなので、今ご登録頂くと無料で
見ることができます。

さて、今回は、理念発掘法(2)
「人生の辛い出来事と意味づけ」
というテーマでお伝えしますね。

自分年表を作成すると、今までの人生の中で、
辛い出来事がいくつか見えてくると思います。

理念は、人生の辛い経験を通して気づくこと
があります。その辛い経験を通して
どんなことを学び、何を思ったのか?
どんな意味づけをするのか?

そこに「理念」のヒントが隠れていると思います。

私の事例を紹介しましょう。

私の人生において一番辛い出来事は、アメリカ駐在中に
経験した修羅場でした。ご存じだと思いますが、
2001年のアメリカは、ITバブル崩壊と
同時多発テロにより大不況に陥りました。

当時、アメリカに駐在していた私は、
事業再建責任者となり、18名の組織を7名まで削減。

翌年黒字化、3年以内に成長軌道へ
乗せることに成功しました。

でも、その時多くの仲間を失う経験もしたのです。
その中には、年齢が50歳を超えている人が
2名いました。

人材が流動化しているアメリカでさえ、
再就職は難しい状況です。

そのため、自分でビジネスをスタートするしか
生きる道はありませんでした。でも、
いきなりそのような状況に陥ったら、
何から手を付ければ良いのか、分からないですよね。

もし自分が同じ立場だったら、
とても恐ろしいことだと思いました。

その当時、私は次の3つのことを強く思ったのです。

1.日本でも、いつかアメリカと同じことが起こるだろう

2.そのため、いつでも一人でやっていける力を
身に付けておく必要がある

3.そして、いつか一人起業する人を支援できる
ようになりたい

当時、「どんな状況に追い込まれても自分一人で
やっていける”プロフェッショナル”になる必要がある」
そう強く思ったのです。

しかもこれからはグローバル化が益々進みます。
海外に全く興味がなかった私が10年以上海外ビジネスを
経験することになったのは、深い意味があると思いました。

私は、アメリカで普通の人が経験しないようなことを
たくさん経験しています。この経験を活かし、
世の中へ伝える使命がある

そう思い、現在の理念である

グローバルプロフェッショナルの創出

に辿り着いたのです。

このように、今まで生きてきた人生で一番辛い出来ごとの中に
あなたの理念を発掘するヒントが隠れていると思います。

自分の一番辛かった過去と向き合うことは、
人によっては大変なことかも知れません。

でも、勇気を出して、是非自分と向き合って
ほしいと思います。それが成功への第一歩
だと思います。

アメリカにおける事業再建に関しては

動画講座(2)「自分年表を作成し”理念”を構築する方法」(約13分):
※30歳から41歳まで

で語っています。メルマガ登録者の方にのみ
無料で公開しますので、宜しければ
メルマガへご登録下さい。

では、本日の「メンター」はここまでに
したいと思います。

●追伸:もう無料ebook「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」
はダウンロードされましたか?まだの方は、是非ご覧下さい。

無料ebook「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」はこちら

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 212
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top