一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » ランディングページ»ランディングページを活用する3つの目的とは?

ランディングページを活用する3つの目的とは?

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

9月8日(土)に「理念起業勉強会
を開催しました。

前回の「メンター」でも、この話題に少し
触れましたが、今回は、この理念起業勉強会に
参加するため、わざわざ熊本から上京
した女性経営者がいました。

”理念起業”というキーワード
が気になり、私のブログを読んで
そのまま参加申し込みしたとの
ことでした。

理念というのは、奥が深く
なかなか発掘するのが大変ですよね。

でも、この”理念”に気づき
理念達成を追求するような行動を
起こすと、自然に良い方向へ向かっていく
と思っています。

昨日、9月11日は、アメリカで同時多発テロ
が勃発した日でした。

私が自分の理念に気づいたのは、
この事件が一つの大きなきっかけ
になっています。

2001年当時、私はアメリカに
駐在していました。

ちょうどその日、成田空港を飛び立ち
アメリカNJ州(ニュージャージー州)の
ニューアーク国際空港へ向かっているところでした。

同時多発テロが起こった頃、私は
コンチネンタル航空のビジネスクラスで
太平洋上空を飛んでいたのです。

そして、アラスカのアンカレッジに
緊急着陸し、アラスカで1週間ほど
過ごすことになります。

今から11年も前の話ですが、
未だに当時のことは、
よく覚えています。

2001年のアメリカは、
ITバブル崩壊と同時多発テロ
によって、大不況となりました。

もちろん、当時勤務していた会社も
例外ではなく、私が事業再建責任者となって、
事業のリストラクチャリングを進めました。

18名いた組織を7名まで削減し、
翌年度黒字化を達成、3年後には
事業を成長軌道に乗せることができました。

今、こうして独立起業し、中小企業の
業績アップ支援や一人会社・一人起業家の
戦略面や集客面を支援させて頂いているのは、

当時の辛い経験や熱い思いが
ベースになっています。

そして、私の理念である
グローバルプロフェッショナルの創出
についても、この経験を通した
”気づき”によって確立しました。

当時の様子や自分の理念発掘までに至った経緯に
ついては、プロフィールページにも詳しく
記載していますので、一度読んで
頂けるとうれしいです。

三宅巧一のプロフィールはこちら

なぜ、「グローバルプロフェッショナルの創出」
を最終的に目指しているのか?その理由が
書いてあります。

さて、前置きが長くなりましたが
本日の本題に入りますね。

本日の「メンター」は
ランディングページ(LP)
に関するお話しです。

あなたは、ランディングページ(LP)
という言葉を聞いたことが
ありますよね。

ランディングページとは
英語で「Landing page」と
表現します。

Landing = 飛行機の着陸
ですよね。なので、マーケティング
におけるLanding pageとは
見込み客が訪問するページと言えます。

では、何のためにランディングページが
必要なのか?その目的は何か?

今日は、そんな話をしたいと思います。

ランディングページを準備する
目的は、大きく分類すると
3つあります。

●ランディングページの目的1:
見込み客を見える化すること

魅力的な無料オファーを提供する
代わりに個人情報を残して
もらうようなランディング
ページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

無料レポートをダウンロードするLP

この無料オファーで見込み客の
個人情報を入手する手法を
マーケティングでは、

リードジェネレーション

と言います。

リード(=lead):見込み客
ジェネレーション(generation):生み出す・生成

つまり、見込み客を開拓する
一つの手法ですね。

その時にランディングページ(LP)
を使います。

●ランディングページの目的2:
フロントエンドの紹介ページ

セミナーや情報商材などの
フロントエンド(お試し商品・サービス)
へ申し込んで頂くための
ランディングページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

「SEOセミナー」のサービス紹介と申し込み用LP

●ランディングページの目的3:
バックエンドの紹介ページ

あなたが提供している最大価値を
実現する商品・サービスである
バックエンドを説明する
ランディングページです。

価格が高額の場合、いきなり
契約や注文に至らないことが
考えられるので、出口を
無料相談にするケースもあります。

例えば、こんな感じのランディングページです。

ブログ集客パックライトのサービス紹介と無料相談申し込み用LP

あとは、

・無料サービスへの申し込み
・アフィリエイター募集
・人材やパートナー募集
など

いろいろとランディングページを
活用する方法があります。

いずれの場合も重要なことは
以下の2つになります。

1.テーマ(コンセプト)を一つに絞ること
2.出口の種類を一つに絞ること

ランディングページの
ポイントに関しては、次回の
「メンター」で説明しますね。

ここでは、ランディングページとは
どういうもので、どんな目的で
使うものなのか?を理解しておいて下さい。

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。



一人起業戦略.comからのお知らせ


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top