一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » プロフィール 書き方»プロフィールの書き方とは?ストーリーを使うと効果的!?

プロフィールの書き方とは?ストーリーを使うと効果的!?

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

前回の「メンター」では、
ストーリー集客に関する話を
しました。

こちらです。

ストーリー集客!ストーリーの作り方とは?

この記事の中で
”ストーリーの型”
を書いてます。

もう一度復習すると・・・

1.欲望
2.問題/ニーズ
3.敵
4.計画
5.戦い
6.自己発見(学び)
7.心の平静(行動)

でしたね。

でも、実際にどう活用すれば
良いのか?イメージが湧いてこないかも?
知れませんね。

そこで、本日のブログ「メンター」では
ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方
を伝授しますね。

■ストーリー型プロフィールの書き方とは?

では、ストーリーの型に従って、
私のケースを簡単に書いてみます。

1.欲望

私の場合、特に野心や欲望が
あったわけでもなく(笑)、とにかく
カリスマ事業部長の一声で
アメリカ駐在が決定。

アメリカ駐在が嫌で”逃げの転職活動”
に専念している時期がありました。

でも、転職活動はうまく行かず
意を決して、アメリカに向けて
出発しました。

行くからには、必ず成功する!
と意気込んでアメリカの地に足を
踏み入れました。

2.問題/ニーズ

アメリカに駐在してすぐ、大きな
問題にぶち当たります。

それは・・・
人間関係です。

まず、英語が苦手なので、アメリカ人
スタッフとのコミュニケーションが
うまく取れませんでした。

誤解もあり、アメリカ人から
無視されるようになったのです。

そして、もう一つの問題は
新任日本人社長との人間関係。

完全に孤立してました。

3.敵

それでも、自分の強みにフォーカスし
貢献できるように努力しました。

その結果、赴任から2年目の2000年は、
事業部とし過去最高の売上を記録します。

でも翌年の2001年、状況が一変します。
そう、ITバブル崩壊と
同時多発テロの勃発です。

アメリカは大不況に陥り、
街は、失業者で溢れました。

4.計画

私の事業部も待ったなしの
事業再建が必要な状況となり

私が事業再建責任者となって
事業再建計画を立案、
実行することになったのです。

事業再建には、人員削減が
付き物です。また、不採算事業は
撤退する必要もあります。

今まで仲間だった人を
解雇しなければ生き残れない・・・

非常に辛い経験でした。

5.戦い

事業再建計画が本社で承認され
いよいよ実行の時がきました。

不採算事業の撤退では
取引先から訴訟を起こすと
脅されました。

社員の解雇通告は、社長が行い
ましたが、なぜ、日本人は解雇
されないのか・・・?

問い詰められました。

でも、生き残るためには
この大不況と戦い、事業を建て直す
必要があったのです。

6.自己発見(学び)

この事業再建を通して、3つの
ことを思いました。

一つ目は、このような出来事は
今後、日本でも普通に起こるということ

二つ目は、明日は我が身であること
いつ解雇されてもおかしくありません。

どこでも通用する真のプロフェッショナル
人材になる必要があると強く思いました。

そして三つ目は、このメッセージを
一人でも多くの人へ伝え、

日本でも海外でも、どこでも通用する
プロフェッショナル人材を創出できる
仕組みを作りたい

そう真剣に思いました。

7.心の平静(行動)

事業再建成功後、アメリカから帰国。
ベンチャー企業へ転職し、3つの新規事業
立上げを経験しました。

そして、2009年7月にコンサルタントとして
独立起業。今は、自分の理念である

グローバルプロフェッショナル創出

を実現するため、一人起業したい方を
コンサル・コーチという立場で
サポートしています。

非常に簡単ではありますが
ストーリーの型を使うと
こんな感じのプロフィールになります。

私のプロフィールの詳細に関しては
こちらのページをご覧ください。

ストーリーを活用した
プロフィールの書き方
が理解できると思います。

三宅巧一のストーリー型プロフィールはこちら!

本日は、ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方について
お伝えしました。

あなたの魅力を伝えるために
是非、ストーリーの力を
使ってくださいね。

それでは、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。



一人起業戦略.comからのお知らせ


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top