一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged 'リストラ'

一人起業の場合、会社設立は後回しでOKです!

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

今日から3連休ですね。
どこかへお出かけですか?

私は特に予定がないので、多分仕事してます。
10月に入ってから、爽やかで過ごしやすく
なりましたよね。スポーツや読書、遊び
などリフレッシュしてくださいね!

前回の「メンター」では
3C分析を活用したポジショニング
話をしました。

ちなみに前回の記事はこちらです。
3C分析でポジショニングを考える方法・事例を交えて解説!

今回は、3C分析とは関係ない話をしますね。

今回のテーマは
「一人起業の場合、会社設立は後回しでOKです」
という内容でお届けします。

私もそうなんですが、最近は、

・コンサルタント
・社労士、税理士などの士業
・セラピスト

など、一人で起業する方が本当に
増えてきたと思います。

アメリカでは、フリーランスや
インディペンデントコントラクターなど、
やはり一人起業の方が多いです。

アメリカで事業再建した時に解雇した
社員も、一人起業しました。

日本は、アメリカの後追い的なところが
ありますので、これから益々一人起業
する人が増えていくと思います。

では、なぜ一人起業するのか?
ですが、私はこのように分析しています。

1.グローバル化により平均年収が下がっている

2.実力がある人は、自分一人で起業し
  自分のやりたい仕事をしながら
  稼ぎたいと思っている

3.インターネットの発達により、一人起業
  しやすい環境が整備された

4.リストラの影響で、一人起業するしか
  道がない人もいる

5.借金をして事業投資するよりも
  一人で堅実に、手堅く起業したいと
  思っている

こんなところでしょうか。

戦略企画ドットコムでは、この流れを察知
したのと、もともと私の理念が

「グローバルプロフェッショナルの創出」

であることから、いずれ一人起業家を支援する
ビジネスモデルへの転換を考えていました。

そこで、2012年4月から「一人起業戦略.com」
の運営を開始したのですが、それからは、
一人起業の方からの相談が増えています。

その中で、勘違いしている人が
結構いるのに驚きました。

どんな勘違いかと言いますと・・・

起業=会社設立

という勘違いです。

会社設立がまず先、みたいな感覚なんですね。
ちなみに戦略企画ドットコムは、会社では
ありません。

ホームページを見て、会社だと勘違いされる方が
結構多いのですが、単なる個人事業主です。
戦略企画ドットコムは、会社名ではなく
屋号になります。

「法人じゃないから取引しない」
と言われたことはありません。

また、会社を設立したいという強い
欲求もありません。

大切なことは、
”理念達成に向けて行動すること”
だと思っています。

理念達成のために、法人化する必要が
あれば、会社を設立すると思いますが
まだ時期尚早だと思っています。

個人事業主でも十分ビジネスは
できるものです。

一人で起業し、一人会社を設立したという方は
結構いると思うのですが、まだまだ売上が
安定していない方が多いと思います。

会社設立という箱作りのために時間を注ぐよりは

・理念、ビジョン構築
・戦略立案
・戦略実行
・戦略最適化

に大切な時間を注いでほしいと思います。

個人事業主であれば、税務署に
開業届を提出するだけで
一人起業できます。

面倒な手続きは、必要ありません。
自宅をオフィスにすれば、固定費を
最小限にすることができます。

事務所を借りる必要はないですね。

ビジネスモデルが確立し
売上も安定、節税しないといけない!
そんな状態になってから、会社設立に関して
検討しても遅くはないと思います。

ビジネスモデルにもよりますが
売上2,000万円ぐらいまでは
会社設立しなくても良い
と思います。

会社設立による節税メリットが出るのは、
売上で2,000万円を超えるくらいから
だと思います(詳しくは税理士さんへ
ご確認ください)。

一人起業して、まずは会社を設立し
社長になるぞ!と意気込んでいる人は
冷静になって考えましょうね。

会社という箱よりも、中身の方が
大切だと思います。

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

PR:東京の会計事務所「今井会計事務所」は放課後等デイサービス・ネットショップに強い会計事務所

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

3C分析でポジショニングを考える方法・事例を交えて解説!

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

10月に入りましたね。
今年も残り3か月を切りました。

これから年末にかけて、2013年の
準備を進めていくのですが

12月には、今までのデータを整理・分析し
全くのゼロベースで現在の戦略を
見直す予定です。

その時使う分析方法の一つとして
本日は、3C分析を紹介したいと
思います。

3C分析で何をするのか?
ですが、ズバリ「ポジショニング」
の見直しです。

ブランディングも大切なのですが
まずは、ポジショニングが重要
だと思っています。

どんなポジションを取るのか?
これによって、ビジネスがうまく
行くかどうかが決まると言っても
言い過ぎではないと思います。

特に一人起業で実績作りはこれから
という人は、3C分析によって
以下のポジションを見つけましょう。

1.世の中でまだ満たされていないニーズ
2.自分の圧倒的な強みが活かせる領域
3.競合が少ない、もしくは参入していないニッチ

この3つが交わるポジションを
見つけることが大切です。

では、どうやって見つけるのか?
そこで、活用するのが「3C分析」に
なります。

それでは、3C分析を解説しながら
実際の事例を紹介することで
理解を深めて頂こうと
思います。

まずは、3C分析の一般的な内容を
お伝えしますね。

まず、3Cとは何か?ですが

◆Customer(顧客)

◆Company(自社)

◆Competitor(競合他社)

この3つの単語の最初のアルファベットが
”C”なので、”3C分析”と言います。

3C分析に関しては、いろんな書籍や
WEBサイトなどでその内容が詳しく
記載されていますので、一般的な
説明は割愛しますね。

ここでは、あなたが3C分析を使いこなせるように
戦略企画ドットコムの事例を紹介します。

以下の事例を参考にして、3C分析の方法を学び
自分のケースへ落とし込んでみてください。

今回は、「一人起業戦略.com」のビジネス
モデルに関して、3C分析で分析し、
最終的には、ポジショニングを
明確にしたいと思います。

●3C分析その1:Customer(顧客分析)

・グローバル化により、会社員であることが
リスクになってきている

・起業に関する関心が高まっている

・また、リストラにより、起業するしか
道がない人も多くなってきている

・ただ、借金をしてまで、事業を起こす
ことに対しては、リスクを感じている

●3C分析その2:Company(自社分析)

・既に2009年に一人起業し、初年度から
年収1000万円の壁をクリアーしているので
一人起業で成功するためのノウハウがある

・WordPressを活用したセルフSEOにより
広告宣伝費ゼロでも集客できる
メソッドを確立している

・WordPressを活用したブログ、ランディングページ、
ホームページ、ネットショップシステムの提供が
可能であり、既に実績もある

●3C分析その3:Competitor(競合他社分析)

・集客系のコンサルタントは多く存在する
特にネット集客系のコンサルは多い

・アメブロを活用しているコンサルが多い
但し、アメブロの商用利用禁止によって
最近ではWordPressへの移行が目立つ。
WordPressに関するノウハウは持っていない

・WordPressが得意な人は、エンジニア系の
人が多く、集客系コンサルができる人は
ほとんどいない

・WordPressで無料集客の仕組みを構築する
コンサルタントは見当たらない。

・特に戦略立案からWordPress構築、セルフSEO
ノウハウ、集客ノウハウ、保守運用まで
一気通貫でサポートできるコンサルは皆無

3C分析で分析すると、こんな内容になります。
そこで私が導き出したポジションは

一人起業の戦略と集客を支援する
コンサルティングです

提供する価値は・・・

起業のリスクを抑えるために
広告宣伝費ゼロでも集客できる
WordPressを活用したセルフSEOにより
集客の仕組み作りをお手伝いする

ということになります。

起業を支援しているコンサルタントは
結構、たくさんいます。

その中でも、借金することなく、自己資金で
十分起業ができて、運転資金もそれほど
必要ないビジネスモデルでの起業支援

更にその中でも、集客の問題を
解決するコンサルタント

解決手段は、アメブロではなく
WordPress(ワードプレス)
という日本では、まだまだ
マイナーなCMSを使う

※WordPressは、アメリカではメジャーのCMSです。

こんな感じになります。

3C分析によって、ある程度
ポジショニングが決まったら
次は、それをどういう言葉で伝えるのか?

つまり、コンセプトを考える
ことになります。

今から一人起業するあなたがしないと
いけないことは、

1.参入する市場を決めること
2.参入市場に関して、3C分析すること
3.自分のポジショニングを確立すること

になります。

3C分析とその活用方法に関しては
ご理解頂けたでしょうか?

なかなか難しくて、簡単ではないと
思いますが、非常に重要な内容なので、
是非取り組んでくださいね。

自分一人で難しい場合は、
まずは「理念起業勉強会」へご参加ください。

理念起業勉強会では
3C分析における「自分分析」
重点的に行います。

まず、自分のことを深く理解しないと
いけないですよね。案外、自分のことは、
分からないものです。

そんな人は、是非、勉強会に
ご参加ください。セミナー会場で
お会いしましょう。

理念起業勉強会の詳細はこちらです!

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

●追伸:ポジショニングに関しては、こちらの無料電子書籍も
参考になると思います。

理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(ePub版・スマホ用)

パソコンでPDFレポートを読みたい方はこちら
理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(PDF版・パソコン用)
関連記事:3C分析・戦略立案のフレームワーク(3C分析の事例紹介)

3C分析・戦略立案のフレームワーク(3C分析の事例紹介)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

ランディングページを活用する3つの目的とは?

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

9月8日(土)に「理念起業勉強会
を開催しました。

前回の「メンター」でも、この話題に少し
触れましたが、今回は、この理念起業勉強会に
参加するため、わざわざ熊本から上京
した女性経営者がいました。

”理念起業”というキーワード
が気になり、私のブログを読んで
そのまま参加申し込みしたとの
ことでした。

理念というのは、奥が深く
なかなか発掘するのが大変ですよね。

でも、この”理念”に気づき
理念達成を追求するような行動を
起こすと、自然に良い方向へ向かっていく
と思っています。

昨日、9月11日は、アメリカで同時多発テロ
が勃発した日でした。

私が自分の理念に気づいたのは、
この事件が一つの大きなきっかけ
になっています。

2001年当時、私はアメリカに
駐在していました。

ちょうどその日、成田空港を飛び立ち
アメリカNJ州(ニュージャージー州)の
ニューアーク国際空港へ向かっているところでした。

同時多発テロが起こった頃、私は
コンチネンタル航空のビジネスクラスで
太平洋上空を飛んでいたのです。

そして、アラスカのアンカレッジに
緊急着陸し、アラスカで1週間ほど
過ごすことになります。

今から11年も前の話ですが、
未だに当時のことは、
よく覚えています。

2001年のアメリカは、
ITバブル崩壊と同時多発テロ
によって、大不況となりました。

もちろん、当時勤務していた会社も
例外ではなく、私が事業再建責任者となって、
事業のリストラクチャリングを進めました。

18名いた組織を7名まで削減し、
翌年度黒字化を達成、3年後には
事業を成長軌道に乗せることができました。

今、こうして独立起業し、中小企業の
業績アップ支援や一人会社・一人起業家の
戦略面や集客面を支援させて頂いているのは、

当時の辛い経験や熱い思いが
ベースになっています。

そして、私の理念である
グローバルプロフェッショナルの創出
についても、この経験を通した
”気づき”によって確立しました。

当時の様子や自分の理念発掘までに至った経緯に
ついては、プロフィールページにも詳しく
記載していますので、一度読んで
頂けるとうれしいです。

三宅巧一のプロフィールはこちら

なぜ、「グローバルプロフェッショナルの創出」
を最終的に目指しているのか?その理由が
書いてあります。

さて、前置きが長くなりましたが
本日の本題に入りますね。

本日の「メンター」は
ランディングページ(LP)
に関するお話しです。

あなたは、ランディングページ(LP)
という言葉を聞いたことが
ありますよね。

ランディングページとは
英語で「Landing page」と
表現します。

Landing = 飛行機の着陸
ですよね。なので、マーケティング
におけるLanding pageとは
見込み客が訪問するページと言えます。

では、何のためにランディングページが
必要なのか?その目的は何か?

今日は、そんな話をしたいと思います。

ランディングページを準備する
目的は、大きく分類すると
3つあります。

●ランディングページの目的1:
見込み客を見える化すること

魅力的な無料オファーを提供する
代わりに個人情報を残して
もらうようなランディング
ページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

無料レポートをダウンロードするLP

この無料オファーで見込み客の
個人情報を入手する手法を
マーケティングでは、

リードジェネレーション

と言います。

リード(=lead):見込み客
ジェネレーション(generation):生み出す・生成

つまり、見込み客を開拓する
一つの手法ですね。

その時にランディングページ(LP)
を使います。

●ランディングページの目的2:
フロントエンドの紹介ページ

セミナーや情報商材などの
フロントエンド(お試し商品・サービス)
へ申し込んで頂くための
ランディングページにします。

例えば、こんな感じのランディングページです。

「SEOセミナー」のサービス紹介と申し込み用LP

●ランディングページの目的3:
バックエンドの紹介ページ

あなたが提供している最大価値を
実現する商品・サービスである
バックエンドを説明する
ランディングページです。

価格が高額の場合、いきなり
契約や注文に至らないことが
考えられるので、出口を
無料相談にするケースもあります。

例えば、こんな感じのランディングページです。

ブログ集客パックライトのサービス紹介と無料相談申し込み用LP

あとは、

・無料サービスへの申し込み
・アフィリエイター募集
・人材やパートナー募集
など

いろいろとランディングページを
活用する方法があります。

いずれの場合も重要なことは
以下の2つになります。

1.テーマ(コンセプト)を一つに絞ること
2.出口の種類を一つに絞ること

ランディングページの
ポイントに関しては、次回の
「メンター」で説明しますね。

ここでは、ランディングページとは
どういうもので、どんな目的で
使うものなのか?を理解しておいて下さい。

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 212
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top