一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged '転職活動'

プロフィールの書き方とは?ストーリーを使うと効果的!?

こんにちは!
一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

前回の「メンター」では、
ストーリー集客に関する話を
しました。

こちらです。

ストーリー集客!ストーリーの作り方とは?

この記事の中で
”ストーリーの型”
を書いてます。

もう一度復習すると・・・

1.欲望
2.問題/ニーズ
3.敵
4.計画
5.戦い
6.自己発見(学び)
7.心の平静(行動)

でしたね。

でも、実際にどう活用すれば
良いのか?イメージが湧いてこないかも?
知れませんね。

そこで、本日のブログ「メンター」では
ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方
を伝授しますね。

■ストーリー型プロフィールの書き方とは?

では、ストーリーの型に従って、
私のケースを簡単に書いてみます。

1.欲望

私の場合、特に野心や欲望が
あったわけでもなく(笑)、とにかく
カリスマ事業部長の一声で
アメリカ駐在が決定。

アメリカ駐在が嫌で”逃げの転職活動”
に専念している時期がありました。

でも、転職活動はうまく行かず
意を決して、アメリカに向けて
出発しました。

行くからには、必ず成功する!
と意気込んでアメリカの地に足を
踏み入れました。

2.問題/ニーズ

アメリカに駐在してすぐ、大きな
問題にぶち当たります。

それは・・・
人間関係です。

まず、英語が苦手なので、アメリカ人
スタッフとのコミュニケーションが
うまく取れませんでした。

誤解もあり、アメリカ人から
無視されるようになったのです。

そして、もう一つの問題は
新任日本人社長との人間関係。

完全に孤立してました。

3.敵

それでも、自分の強みにフォーカスし
貢献できるように努力しました。

その結果、赴任から2年目の2000年は、
事業部とし過去最高の売上を記録します。

でも翌年の2001年、状況が一変します。
そう、ITバブル崩壊と
同時多発テロの勃発です。

アメリカは大不況に陥り、
街は、失業者で溢れました。

4.計画

私の事業部も待ったなしの
事業再建が必要な状況となり

私が事業再建責任者となって
事業再建計画を立案、
実行することになったのです。

事業再建には、人員削減が
付き物です。また、不採算事業は
撤退する必要もあります。

今まで仲間だった人を
解雇しなければ生き残れない・・・

非常に辛い経験でした。

5.戦い

事業再建計画が本社で承認され
いよいよ実行の時がきました。

不採算事業の撤退では
取引先から訴訟を起こすと
脅されました。

社員の解雇通告は、社長が行い
ましたが、なぜ、日本人は解雇
されないのか・・・?

問い詰められました。

でも、生き残るためには
この大不況と戦い、事業を建て直す
必要があったのです。

6.自己発見(学び)

この事業再建を通して、3つの
ことを思いました。

一つ目は、このような出来事は
今後、日本でも普通に起こるということ

二つ目は、明日は我が身であること
いつ解雇されてもおかしくありません。

どこでも通用する真のプロフェッショナル
人材になる必要があると強く思いました。

そして三つ目は、このメッセージを
一人でも多くの人へ伝え、

日本でも海外でも、どこでも通用する
プロフェッショナル人材を創出できる
仕組みを作りたい

そう真剣に思いました。

7.心の平静(行動)

事業再建成功後、アメリカから帰国。
ベンチャー企業へ転職し、3つの新規事業
立上げを経験しました。

そして、2009年7月にコンサルタントとして
独立起業。今は、自分の理念である

グローバルプロフェッショナル創出

を実現するため、一人起業したい方を
コンサル・コーチという立場で
サポートしています。

非常に簡単ではありますが
ストーリーの型を使うと
こんな感じのプロフィールになります。

私のプロフィールの詳細に関しては
こちらのページをご覧ください。

ストーリーを活用した
プロフィールの書き方
が理解できると思います。

三宅巧一のストーリー型プロフィールはこちら!

本日は、ストーリーの型を活用した
プロフィールの書き方について
お伝えしました。

あなたの魅力を伝えるために
是非、ストーリーの力を
使ってくださいね。

それでは、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

余命1年と宣告されたら、あなたは何をしますか?

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して16回目の
記事になります。最初にこの記事を見た方は、
是非1回目の記事から順番に読んで下さいね。

一人起業に関する成功ノウハウを順序立てして
お届けしています。なので、1回目から読む方が
理解が深まると思います。

今回のブログ「メンター」も
理念発掘に関するお話の続きです。

前回のメンターでは、
理念を発掘する9つの質問
の質問1から質問3までを
説明しました。

前回の記事は、こちらです。
やりたい仕事・無料でもやりたい仕事は何ですか?

今回は、理念発掘法(3)
「理念を発掘する9つの質問」
における質問4から質問6に関して解説します。

●質問4:「この人生に悔いなし」と死ぬ間際に言えるために
生きている間にしておきたいことは何か?
余命1年と宣告されたら、今、何をしますか?

この質問に対する私の答えが
この「一人起業戦略.com」に
集約されています。

仮に残り1年しか生きられない場合は、
自分が今まで培ってきたノウハウを公開する
という結論になりました。

私がこの世からいなくなったとしても、
少しでも社会に貢献できると考え、今こうして
ブログで起業ノウハウを公開しています。

あなたは、余命1年と宣告されたら
何をしますか?その答えの中に
理念のヒントが隠れていると思います。

●質問5:他人があまり経験していないと思われることは?
そこから何を思い、何を学んだか?

私の場合は、アメリカへ渡り、ITバルブ崩壊と
同時多発テロを経験したことになります。

具体的には、事業再建責任者として、事業再建を実行し
成功させたことだと思います。

その経験を通して得られた気づきから
理念を導き出しました。

あなたにも、他人が経験していないような
出来事が必ずあると思います。
そこから、理念のヒントが
得られると思います。

●質問6:自分が考えた方向に進めなかったことは何か?
それをどう意味づけるか?

私の場合は、2009年に独立起業するまで
自分が考えた方向へ進むことができない
ことの連続でした。

例えば、

・父親の死によって進路を文系から理系へ変更

・新卒で就職した電機メーカー(富士電機)では、
エンジニア職ではなく、海外営業へ配属

・アメリカへ行きたくないのにアメリカ駐在
転職活動も失敗してアメリカへ行くことに

・アメリカで6年以上駐在を経験したので
アメリカに残りたいという気持ちが強く、
実際に転職活動もしたけど、断念して帰国

・全く頭の中になかった人材紹介会社へ転職

・「独立する!」という強い意志が薄れていた時に
会社の状況が一変し、わずか3週間で独立することに

こんな感じでした。

あなたにも、必ず自分の希望が叶わず、別の道を
歩んだ経験があるはずです。そこに理念の
ヒントが隠れています。

振り返れば、必ず一本の線で繋がっているはずです。
それを見つけて下さいね。

あなたに分かりやすく説明するため
私のケースを動画講座にまとめました。

宜しければ、動画講座もご覧下さい。
この動画は、4月25日(水)に撮影した最新動画になります(約6分)。

理念を発掘する9つの質問・質問4から質問6(動画講座)

次回は、質問7から質問9の解説をしますね。

次回のメンターも楽しみにしていて下さい。
では、本日のメンターはここまでに
したいと思います。

●追伸:GWの連休をうまく活用して、起業準備を進めて下さいね。
あなたの起業準備を支援するために
本日、有料版の電子書籍

30代男性の一人起業戦略マニュアル
「理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ」総論編

をリリースしました!ワンコイン(500円)なので
気軽にご購入頂けます。

また、iPhoneなどのスマートフォンで最適表示
されるように調整しています。そのため、
移動中に読むこともできます。

GW中は、どこへ行っても混んでいると思いますが
スマホなら、待ち時間などの細切れ時間を利用
して電子書籍を読めますね。

また、スマートフォンは常に持ち歩いていると
思いますので、独立起業の壁にぶち当たったら
すぐ読むことができます。

更に特典として、パソコンでも快適に読めるように
PDF版も準備しました。

詳しくは、こちらをご覧下さい。
ワンコイン電子書籍はこちらをクリック!

※Paypalを導入したので、クレジットカードでも
ご購入頂けます。あと、銀行振込みもOKです。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

自分年表を作成する方法・理念発掘法(1)

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して12回目の
記事になります。今回のブログ「メンター」も
理念に関するお話の続きです。

前回のメンターでは、
理念を発掘する具体的な3つの方法
に関して説明しました。

前回の記事は、こちらです。
理念を発掘する具体的な3つの方法とは?

今回は、理念発掘法(1)
自分年表を作成する方法
というテーマでお伝えしますね。

今からお伝えする内容は、

・有料教材:お金をかけないで手堅く独立起業する方法
・有料講座:手堅く独立開業実践プログラム
・有料勉強会:理念起業勉強会

でのみお伝えしている内容です。

無料で公開するのは、今回が初めてになります。
是非、実践して下さいね。

私は、35歳の時に理念の原形みたいなものを作りました。
当時は、アメリカ駐在を終えるタイミングで、秘かに
転職活動をしていたのです。

転職活動をする上で実行したことがあります。
それが自分年表の作成でした。

上の図は、理念起業勉強会で活用している
「ワークシート:自分年表フォーマット」です。

・西暦と年齢
・自分にとっての主な出来ごと(事実)
・その出来ごとに関するキーワード
・自分の実績(定量的実績・定性的実績)
・身に付けた知識・スキル
・思ったこと、感じたこと

これらの項目を埋めて行きます。そうすることで、
今までの人生を俯瞰して見ることができます。

私の仮説では、「理念」は生まれてきた時に既に持っている
ものなので、今まで歩んできた道の中に理念のヒントが
隠れていると思っています。

つまり、理念を達成するために、過去の経験や出来ごとがあり、
理念達成に必要な修業を積んできたようなイメージになります。

もう少し具体的にイメージできるように
私のケースを事例としてお伝えします。

私の場合は、今までの人生で
このような修業を積んできました。

●父親の死(中学2年の時、事故で父親を亡くしました)

●進路を文系から理系に変更、高専・大学・大学院
 で機械工学を9年間勉強

●学費や生活費を稼ぐために、アルバイトを掛け持ち

●新卒で入社した電機メーカーでは、
 理系出身なのに畑違いの海外営業部配属

●英語が全く話せないのにアメリカ駐在を経験

●英語が話せないので、アメリカ人から村八分にされる

●アメリカで事業再建責任者を経験、事業再建を成功させる

●ベンチャー企業へ転職、新規事業企画・立上げ・撤退を経験

●たったの3週間後に独立起業することになった

このように数々の試練を乗り越えることによって
理念達成を追求するための準備が整ったと
意味付けしています。

この自分年表を眺めていると、あるキーワードが何度も
出てくることに気づくと思います。そのキーワードの
組合せが、あなたの理念である可能性が高いです。

私の場合は、

・グローバル
・プロフェッショナル

というキーワードが頻繁に出てきました。

そして、導き出した理念が
グローバルプロフェッショナルの創出
になります。

自分年表の作り方に関しては、私の事例を
交えながら説明している動画講座
があります。

この講座は、2011年に士業プロデュース
で制作した有料講座
「手堅く独立開業実践プログラム」
の一部になります。

私のプライベート情報を赤裸々に語っている
内容なので、さすがにブログで
公開することはできません。

でも、メルマガ読者さんには、YouTubeの
限定公開機能で公開しますので、もし
宜しければ、メルマガへご登録下さい。

全部で3回の動画講座になります。

今後もブログで公開できないような動画講座は
メルマガで公開しますので、宜しければ
メルマガに登録しておいて下さいね。

では、本日は「自分年表の作成方法」に
関してお伝えしました。

●追伸:理念の発掘に関しては、無料電子書籍でも
解説しています。こちらの無料電子書籍も参考にしてください。

理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(ePub版・スマホ用)

パソコンでPDFレポートを読みたい方はこちら
理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(PDF版・パソコン用)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 212
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top