一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Posts tagged '手堅く'

一人起業の場合、会社設立は後回しでOKです!

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

今日から3連休ですね。
どこかへお出かけですか?

私は特に予定がないので、多分仕事してます。
10月に入ってから、爽やかで過ごしやすく
なりましたよね。スポーツや読書、遊び
などリフレッシュしてくださいね!

前回の「メンター」では
3C分析を活用したポジショニング
話をしました。

ちなみに前回の記事はこちらです。
3C分析でポジショニングを考える方法・事例を交えて解説!

今回は、3C分析とは関係ない話をしますね。

今回のテーマは
「一人起業の場合、会社設立は後回しでOKです」
という内容でお届けします。

私もそうなんですが、最近は、

・コンサルタント
・社労士、税理士などの士業
・セラピスト

など、一人で起業する方が本当に
増えてきたと思います。

アメリカでは、フリーランスや
インディペンデントコントラクターなど、
やはり一人起業の方が多いです。

アメリカで事業再建した時に解雇した
社員も、一人起業しました。

日本は、アメリカの後追い的なところが
ありますので、これから益々一人起業
する人が増えていくと思います。

では、なぜ一人起業するのか?
ですが、私はこのように分析しています。

1.グローバル化により平均年収が下がっている

2.実力がある人は、自分一人で起業し
  自分のやりたい仕事をしながら
  稼ぎたいと思っている

3.インターネットの発達により、一人起業
  しやすい環境が整備された

4.リストラの影響で、一人起業するしか
  道がない人もいる

5.借金をして事業投資するよりも
  一人で堅実に、手堅く起業したいと
  思っている

こんなところでしょうか。

戦略企画ドットコムでは、この流れを察知
したのと、もともと私の理念が

「グローバルプロフェッショナルの創出」

であることから、いずれ一人起業家を支援する
ビジネスモデルへの転換を考えていました。

そこで、2012年4月から「一人起業戦略.com」
の運営を開始したのですが、それからは、
一人起業の方からの相談が増えています。

その中で、勘違いしている人が
結構いるのに驚きました。

どんな勘違いかと言いますと・・・

起業=会社設立

という勘違いです。

会社設立がまず先、みたいな感覚なんですね。
ちなみに戦略企画ドットコムは、会社では
ありません。

ホームページを見て、会社だと勘違いされる方が
結構多いのですが、単なる個人事業主です。
戦略企画ドットコムは、会社名ではなく
屋号になります。

「法人じゃないから取引しない」
と言われたことはありません。

また、会社を設立したいという強い
欲求もありません。

大切なことは、
”理念達成に向けて行動すること”
だと思っています。

理念達成のために、法人化する必要が
あれば、会社を設立すると思いますが
まだ時期尚早だと思っています。

個人事業主でも十分ビジネスは
できるものです。

一人で起業し、一人会社を設立したという方は
結構いると思うのですが、まだまだ売上が
安定していない方が多いと思います。

会社設立という箱作りのために時間を注ぐよりは

・理念、ビジョン構築
・戦略立案
・戦略実行
・戦略最適化

に大切な時間を注いでほしいと思います。

個人事業主であれば、税務署に
開業届を提出するだけで
一人起業できます。

面倒な手続きは、必要ありません。
自宅をオフィスにすれば、固定費を
最小限にすることができます。

事務所を借りる必要はないですね。

ビジネスモデルが確立し
売上も安定、節税しないといけない!
そんな状態になってから、会社設立に関して
検討しても遅くはないと思います。

ビジネスモデルにもよりますが
売上2,000万円ぐらいまでは
会社設立しなくても良い
と思います。

会社設立による節税メリットが出るのは、
売上で2,000万円を超えるくらいから
だと思います(詳しくは税理士さんへ
ご確認ください)。

一人起業して、まずは会社を設立し
社長になるぞ!と意気込んでいる人は
冷静になって考えましょうね。

会社という箱よりも、中身の方が
大切だと思います。

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。

PR:東京の会計事務所「今井会計事務所」は放課後等デイサービス・ネットショップに強い会計事務所

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

無料メール講座も無料オファーに有効です

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して43回目の
記事になります。最初にこの記事を見た方は、
是非1回目の記事から順番に読んで下さいね。

この「メンター」は、一人起業成功ノウハウを体系化し、
順序立てしてお届けしています。つまり、1回目から
順番に読み、自分のケースに落とし込んでいくと
起業戦略が構築できてしまう構成になっています。

1回目の記事
「一人起業戦略.comを立上げました!」はこちらからどうぞ

前回の「メンター」では、無料オファー
の事例として「無料レポート」に関する
お話をしました。

ちなみに前回の記事は、こちらです。
無料レポートが無料オファーに最適です

今回は、別の事例を紹介しますね。

今回紹介する無料オファーは、
ステップメールを活用した無料メール講座
になります。

例えば、こんな無料メール講座です。

これは、ビジネスパートナーである
起業コンサルタントの中野裕哲さんと
共同で運営している「士業プロデュース
の無料オファーになります。

ステップメールを活用し、14日間に渡り
毎日1通のメールが届く仕組み
になっています。

このメール講座を無料で受講したい方は
名前とメールアドレスを登録します。
つまり、見込み客の見える化を
実現することができます。

ちなみにこの無料メール講座は、無料とは
思えないコンテンツを提供していますので
士業で独立開業を考えている方は、この
無料メール講座がお勧めです。

宜しければ、ご登録下さい。

士業で手堅く独立・12ステップ開業講座

このようにお金をかけることなく、自分が
持っている価値あるノウハウを無料レポートや
電子書籍、無料メール講座で提供すれば、
見込み客を見える化することができます。

無料レポートや無料メール講座以外にも、
無料アプリ、無料ソフトなどいろんな
無料オファーがあると思います。

無料オファーのポイントは
提供価値の延長線上にあること
が重要なので、その点は外さないように
して下さいね。

なお、無料オファーを提供する手段として、
ランディングページ(LP)が必要となります。
このLP制作が大きな壁となり、一歩
踏み出せない可能性があります。

LPは、魅力的なコンセプト作り、キャッチコピー
を含めたコピーライティング、LP制作能力が
必要となります。

そのため、自分で対応することが難しい場合は、
専門家へ依頼するようにしましょう。

コンセプト作り、コピーライティング
ノウハウに関しては、膨大な情報量となりますので
また、別の機会に詳しく説明したいと思います。

お急ぎの方は、
ランディングページ(LP)集客パック
というサービスがありますので、お気軽に
お声掛けください。

では、本日の「メンター」はここまでに
したいと思います。

●追伸:無料メール講座で使用している
ステップメール情報はこちらです。

アスメルのステップメールの詳細はこちら
※かなりコストパフォーマンスが良い
ツールだと思います。導入実績は
5,000社を超えているようです。

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

自分年表を作成する方法・理念発掘法(1)

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して12回目の
記事になります。今回のブログ「メンター」も
理念に関するお話の続きです。

前回のメンターでは、
理念を発掘する具体的な3つの方法
に関して説明しました。

前回の記事は、こちらです。
理念を発掘する具体的な3つの方法とは?

今回は、理念発掘法(1)
自分年表を作成する方法
というテーマでお伝えしますね。

今からお伝えする内容は、

・有料教材:お金をかけないで手堅く独立起業する方法
・有料講座:手堅く独立開業実践プログラム
・有料勉強会:理念起業勉強会

でのみお伝えしている内容です。

無料で公開するのは、今回が初めてになります。
是非、実践して下さいね。

私は、35歳の時に理念の原形みたいなものを作りました。
当時は、アメリカ駐在を終えるタイミングで、秘かに
転職活動をしていたのです。

転職活動をする上で実行したことがあります。
それが自分年表の作成でした。

上の図は、理念起業勉強会で活用している
「ワークシート:自分年表フォーマット」です。

・西暦と年齢
・自分にとっての主な出来ごと(事実)
・その出来ごとに関するキーワード
・自分の実績(定量的実績・定性的実績)
・身に付けた知識・スキル
・思ったこと、感じたこと

これらの項目を埋めて行きます。そうすることで、
今までの人生を俯瞰して見ることができます。

私の仮説では、「理念」は生まれてきた時に既に持っている
ものなので、今まで歩んできた道の中に理念のヒントが
隠れていると思っています。

つまり、理念を達成するために、過去の経験や出来ごとがあり、
理念達成に必要な修業を積んできたようなイメージになります。

もう少し具体的にイメージできるように
私のケースを事例としてお伝えします。

私の場合は、今までの人生で
このような修業を積んできました。

●父親の死(中学2年の時、事故で父親を亡くしました)

●進路を文系から理系に変更、高専・大学・大学院
 で機械工学を9年間勉強

●学費や生活費を稼ぐために、アルバイトを掛け持ち

●新卒で入社した電機メーカーでは、
 理系出身なのに畑違いの海外営業部配属

●英語が全く話せないのにアメリカ駐在を経験

●英語が話せないので、アメリカ人から村八分にされる

●アメリカで事業再建責任者を経験、事業再建を成功させる

●ベンチャー企業へ転職、新規事業企画・立上げ・撤退を経験

●たったの3週間後に独立起業することになった

このように数々の試練を乗り越えることによって
理念達成を追求するための準備が整ったと
意味付けしています。

この自分年表を眺めていると、あるキーワードが何度も
出てくることに気づくと思います。そのキーワードの
組合せが、あなたの理念である可能性が高いです。

私の場合は、

・グローバル
・プロフェッショナル

というキーワードが頻繁に出てきました。

そして、導き出した理念が
グローバルプロフェッショナルの創出
になります。

自分年表の作り方に関しては、私の事例を
交えながら説明している動画講座
があります。

この講座は、2011年に士業プロデュース
で制作した有料講座
「手堅く独立開業実践プログラム」
の一部になります。

私のプライベート情報を赤裸々に語っている
内容なので、さすがにブログで
公開することはできません。

でも、メルマガ読者さんには、YouTubeの
限定公開機能で公開しますので、もし
宜しければ、メルマガへご登録下さい。

全部で3回の動画講座になります。

今後もブログで公開できないような動画講座は
メルマガで公開しますので、宜しければ
メルマガに登録しておいて下さいね。

では、本日は「自分年表の作成方法」に
関してお伝えしました。

●追伸:理念の発掘に関しては、無料電子書籍でも
解説しています。こちらの無料電子書籍も参考にしてください。

理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(ePub版・スマホ用)

パソコンでPDFレポートを読みたい方はこちら
理念起業で年収1000万円を実現する9ステップ(PDF版・パソコン用)

[`evernote` not found]
Share on LinkedIn

1 / 212
Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top