一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Archive by category 'ビジョン 例'

ビジョンの例・戦略企画ドットコムのビジョンとは?

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

「一人起業戦略.com」を公開して20回目の
記事になります。最初にこの記事を見た方は、
是非1回目の記事から順番に読んで下さいね。

このブログは、一人起業成功ノウハウを体系化し、
順序立てしてお届けしています。つまり、1回目から
順番に読み、自分のケースに落とし込んでいくと
起業戦略が構築できてしまう構成になっています。

1回目の記事はこちらからどうぞ

前回のメンターでは、
ビジョンの作り方」に関して
説明しました。

前回の記事は、こちらです。
ビジョンの作り方とは?

今回は、「ビジョンの例」として
戦略企画ドットコムのビジョン
について熱く語りますね(笑)。

私がビジョンを明確に明文化したのは
2011年の夏です。池袋のホテル「メトロポリタン」
に一人で泊まり込み、ビジョンや戦略を
考えていました。

その時に描いたビジョンがこれです。

●2019年までに
●年収1,000万円の
●グローバルプロフェッショナルを
●100名創出する

なぜ、このビジョンにしたのか?
ここで詳しく語りたいと思います。

なぜ、2019年なのか?

2019年と言えば、私は50歳という人生の節目の年を迎えています。
そして、独立起業してから10年という節目にもなります。
そのため、ここで一旦区切りを付け、50歳の時に新しい
ビジョンを描きたいと思っています。

なぜ、年収1,000万円なのか?

ピーターセージの書籍「自分を超える法」に
こんな一節がありました。

人生の質は、居心地の良さを感じられる
不安定感の量に正比例する

非常に興味深い一節です。
年収1,000万円というのは、人生安泰という
レベルの年収ではありませんが、それなりの生活レベルを
維持できる金額でもあります。

ちょっと油断したら、不安定になりますので、
ある意味、居心地の良い不安定感がこの
年収レベルではないかと考えました。

また、年々平均年収が下がっている日本では
(現在、平均年収は約400万円です)、
年収1,000万円というのは、一つの
目標になっています。

Googleのキーワードツールを見ても
”年収1000万”という検索キーワードで
月に約14,800回検索されています。

このような理由から、分かりやすい一つの
数値目標として、年収1,000万円にしました。

なぜ、グローバルプロフェッショナルなのか?

理念が「グローバルプロフェッショナルの創出」
なので、グローバルプロフェッショナル
にしています。

しかしながら、単に年収1,000万円の起業家を
創出することではありません。

グローバル社会において、本物の価値を
提供できる”プロフェッショナル”
ということに重きをおきたいと考えました。

年収1,000万円よりも、この
「グローバルに通用するプロフェッショナル」
の方が私の中では大切な要素です。

そのため「何でもいいからお金儲けがしたい!」
という考えの方は、私とは合わないと思います。

社会貢献という視点で、自分の理念を
しっかり持っている人、もしくは
持ちたいと強く思っている人と
一緒に頑張りたいと思っています。

なぜ、100名なのか?

2011年の後半から個人事業主の方に対して、
本格的にコンサルティングサービスの提供を
開始したのですが、まだ年収1,000万円レベルに
到達している人はいません。

まだまだ、これからといった感じです。

自分自身は、独立起業以来、継続的にこのハードルを
クリアーしています。しかしながら、自分で行うのと
他人をこのレベルへ導くのとは、全然次元が
違う話だと思っています。

つまり、難易度が高いと思っています。
でも、全然不可能ではないとも思っています。

10人だと目標として小さすぎますし、
1,000人だと実現可能性に疑問があるので
100名を目指すことに決めました。

最初は、単なる妄想で良いと思います。
あなたの5年後・10年後・20年後の理想像を
思い描いてみて下さい。

そして、「なぜ、そのビジョンにしたのか?
一つ一つの要素を説明できるようにして下さい。

説明できない場合は、説明できるようになるまで、
深堀して考えて見て下さい。より具体的なイメージが
浮かび上がってくると思います。

あなたの理解を深めるために
動画講座も作成しました。

宜しければ、動画講座もご覧下さい。
この動画は、5月2日(水)に撮影した
最新動画になります(約6分)。

ビジョンの例・戦略企画ドットコムのビジョンとは?

なお、ビジネスの具体的な内容が決まっていない段階で
ビジョンを描くことは、難易度が高いと思います。

そのため、なかなかビジョンが描けない場合は、
ビジョン構築は後回しにしても大丈夫です。

私が独立起業した時も、理念は明確でしたが
ビジョンに関しては、具体的数値目標まで
描くことができませんでした。

焦ることはありません。
ビジョンをうまく描けない場合は、
次のステップへ進んで下さいね。

では、本日の「メンター」はここまでに
したいと思います。

次回の「メンター」は、次のステップに
進む予定です。楽しみにしていて下さい!


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top