一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » ストック フロー»ストックとフローとは?フローよりもストックが大切です!

ストックとフローとは?フローよりもストックが大切です!

こんにちは!
「一人起業戦略.com」を企画・運営している
戦略企画ドットコムの三宅巧一です。

お盆も終わり、来週から本格的に
ビジネスが動きますね。

おなたのお盆休みはどうでしたか?
来週から、また頑張りましょうね。

まずは、冒頭でお知らせがあります。
9月8日(土)開催予定の「理念起業勉強会」
の受付を開始しました!

参加希望の方は、こちらのページを
ご覧の上、お申込みください。
今回も4名限定の勉強会です。

理念起業勉強会の詳細はこちらをクリック!

「一人起業戦略.com」を公開して61回目の
記事になります。最初にこの記事を見た方は、
是非1回目の記事から順番に読んで下さいね。

この「メンター」は、一人起業成功ノウハウを体系化し、
順序立てしてお届けしています。つまり、1回目から
順番に読み、自分のケースに落とし込んでいくと
起業戦略が構築できてしまう構成になっています。

1回目の記事
「一人起業戦略.comを立上げました!」はこちらからどうぞ

前回は、私の法人クライアントである
「アサノ大成基礎エンジニアリング」の
ネット戦略とその成果について
公開しました。

ちなみに、前回の記事はこちらです。
アサノ大成基礎エンジニアリングのネット戦略とは?

今回は、”考え方”をメインテーマとして
ストックとフロー」の話をしたいと
思います。

これは、非常に大切な考え方なので
是非、最後までお付き合いください。

あなたは、ストックやフローという
言葉を聞いたことがありますか?

よく”フロー型ビジネス”とか
”ストック型ビジネスと
言ったりしますよね。

まずは、言葉の説明をしたいと思います。

フロー型ビジネスとは、単発の案件で
継続性がないビジネスになります。

例えば、単なるブログ制作やホームページ制作は、
ブログやホームページを納品したら、それで
終了なので、フロー型(単発型)ビジネス
になります。

単発のコンサルティングもフロー型ですね。

一方、フローに対してストックという
言葉があります。

ストック型ビジネスとは、毎月決まった金額が
安定的に入ってくるビジネスです。
月額課金型ビジネス、継続課金型ビジネス
とも言いますね。

例えば、私はアスメルというステップメール
のツールを使っています。このツールに
毎月3,150円支払っています。

これは、毎月決まった金額をクレジット
カードで支払っていますので、販売者
には、毎月決まった金額が入ります。

このように毎月決まった金額が入ってくる
ビジネスモデルをストック型ビジネス
と言います。

長期的・安定的な経営を考えた場合、
フロー型とストック型では、どちらが
良いと思いますか?

答えは、簡単ですよね。
当然、ストック型の方が安定します。

私は、このストックとフローに関して
独立起業当初から常に意識していました。

もし、あなたのサービスがフロー型しか
ない場合は、いずれ非常に厳しい状況に
追い込まれると思います。

フロー型の場合、新規顧客を開拓し続ける
必要があります。もしくは、既存顧客から
常にリピートオーダーを
もらう必要があります。

そうなると、かなり大変ですよね。
売上が安定しないので、夜もぐっすり
眠れないかも知れません。

でも、

・毎月決まった金額があなたの銀行口座
に振り込まれる

・半年先の売上が見えている

そんな経営状態だったら、気持ち的にも
随分楽ですよね。その半年の間に
次の半年を考え、実行する余裕
が生まれ、好循環となります。

なので、あなたには、是非ストック型の
サービスを開発してほしいと思っています。

では、具体的にはどうすれば良いのか?
ストック型サービスは、どんなものが
あるのか?

その具体的な内容を次回の「メンター」
であなたに伝えたいと思います。

現時点で安定的なストック型サービスを
持っていない方は、是非参考に
してください!

では、本日の「メンター」は
ここまでにしたいと思います。



一人起業戦略.comからのお知らせ


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top