一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » Archive by category '論語 孔子 恕'

孔子のもう一つの道「恕」とは・・・

こんにちは!

一人起業戦略.comを運営している
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

昨日、3月30日(日)は、セミナーを
開催してました。

雨と風が強かったので、びしょびしょ
になりながら、セミナー会場へ
行きました・・・(汗)。

元々、AWBM塾・第2期の入塾説明セミナー
を開催予定だったのですが、参加者が
既に案内動画で入塾を決めてくれたので、
本当に急遽、テーマを変更しました。

そして、AWBM塾・WPM塾の塾生さんや
個別クライアントさんに2日前に
お声掛けして、6名の方に
お集まり頂き

「波動」をメインテーマとした
シークレットセミナーを
開催したのです。

当日の様子はこんな感じです。

003

WordPressとは関係ない
全く新しいテーマでセミナーを
行っています。

今後、様子を見ながら一般にも公開
して行くのか?判断して行きたいと
思っています。

内容的には、超本質的な
「究極の人生成功法則」
になります。

気になる方は、今後、メルマガで
案内するかも?知れないので
メルマガへご登録くださいね。

さて・・・
以前、ブログ「メンター」で
孔子の道「忠」(ちゅう)に関して、
私なりの解釈を説明させて頂きました。

孔子の道「忠」とは? ブログ記事はこちらをクリック!

孔子の道は2つしかない、
それが「忠」と「恕」である。

人生で大切なことは、この2つの
言葉に集約されている
という話でしたね。

今回のブログ「メンター」では、
もう一つの道である「恕」(じょ)
関して解説しますね。

これも非常に重要な内容です。
お付き合い下さいね。

「恕」とは、心が他人の心の如くなる
という意味があります。

つまり、相手のことを自分のことの
ように考え、思いやり、心の底から
理解すること、これが重要な
ことになります。

現在、私が取り組んでいる
マーケティングの世界に置き換えてみると
見込み客に対する究極の理解、すなわち

●悩みを深いレベルで理解すること

●願望、欲求を深いレベルで理解すること

●本人も気づいていないような悩みや
願望に気づき、それを示すこと

だと解釈しています。

・自分目線ではなく、相手目線で考える
・我田引水ではなく、他田引水を心掛ける
・奪うのではなく、与えること

「忠」と「恕」を深く理解し、
実践すれば、素晴らしい人生に
なると思います。

この「恕」に関連する文章として

「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」
という言葉があります(これも「論語」に
出てくる孔子の言葉です)。

これは、自分が人からされて嫌なことは
人にもしてはいけないという一文になります。

マーケティングに置き換えて考えると
例えば・・・・

・オーバートークしない
・嘘はつかない、騙さない
・過度な売り込みはしない
・煽らない

などを心掛けることが
大切だと感じました。

世の中を見渡すと、

・煽っている人、
・煽られて生きている人
・甘い言葉をかけている人
・甘い言葉に引っかかっている人

が多いような気がします。

自分の軸をしっかり持ち
自然体で生きる

私は、これを意識しています。
宜しければ、参考にしてくださいね。

本質的なマーケティングを
真剣に学び、実践することで
広告宣伝費0円の「自動集客装置」
を作り上げたい方は

”All in one” WordPressブログ集客塾
(略して「AWBM塾」)への入塾を
ご検討ください。

4月7日(月)に行う
ライブWEBセミナーにて
最後の参加受付をします。

宜しければ、こちらから
WEBセミナーの視聴予約をしておいて
くださいね。

——————————————-
■タイトル:
無料ライブWEBセミナー
~セミナーで高額商品を”煽らない”で
”自然な流れ”で売る方法~

■開催日時:
4月7日(月)20:30~22:00ぐらいまで
※状況によって延長あり

■参加方法:
以下のテキストリンクをクリックすると
フォームが表示されますので、必要事項を
ご入力の上、視聴予約をお願いします

無料ライブWEBセミナーの視聴予約はこちら!

■ライブWEBセミナーの内容:

・セミナーで高額商品を販売した実績内容は?
・セミナーセールスに必要な5つのスキルとは?
・セミナーセールスを成功させる10のポイントとは?
・6月開講の「セミナーセールスコース」とは?
・AWBM塾第2期本講座、最後の入塾案内
・時間が許す限りQ&A対応

など
——————————————-
それでは、本日のブログ「メンター」は
ここまでにしたいと思います。


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top