一人起業の戦略&集客コンサルティング / ブログ「メンター」で一人起業成功ノウハウ発信中!

Home » ビジネスモデル事例»ビジネスモデル事例・メリットと課題を解説します

ビジネスモデル事例・メリットと課題を解説します

こんにちは!
引き寄せ集客コンサルタント
の三宅巧一です。

まずは、冒頭で2つお知らせです。

●一つ目のお知らせ

11月21日(水)9:00AMより
12月8日(土)開催予定の

「週末・個人起業セミナー 
 ~冬の講座(in 渋谷)~」

の参加受付を開始しました。

先着15名まで、特別価格で参加できますので
参加希望の場合は、是非、先着15名に
入ってくださいね。

起業セミナーへの参加申込みページはこちらです。

●二つ目のお知らせ

前回のメンターでもお伝えしましたが
私が独立起業する3か月前に受講した
マーケティング講座があります。

アメリカのNo.1マーケティング
コンサルタントである
ジェイ・エイブラハム
のマーケティング講座です。

そのジェイが再度、来日するそうです。
それを記念して、無料ワークショップを
開催するとのこと。

この無料ワークショップは、2009年に
私も参加し、かなりの衝撃を受けたことを
今でもはっきり覚えています。

非常にお勧めのワークショップなので
あなたも是非、ご参加下さい。

ジェイ・エイブラハム来日記念「無料ワークショップ」の詳細はこちら!

では、本日の本題です。

今日は、ビジネスモデルとビジネスモデルの
事例に関するお話しをします。

あなたは、「ビジネスモデル」という
言葉を聞いたことがありますか?

人それぞれ、いろんな定義があると
思いますが、私の場合は、ビジネスモデル
をこのように定義しています。

ビジネスモデルとは、一言で表現すると
「ビジネス全体の仕組み」
です。

もう少し具体的に説明すると

・お客さんは誰で
・どんなことで悩んでいて(どんな欲求があり)
・そのお客さんへどんな価値を提供するのか?
・その価値を提供するための商品、サービスは何か?
・商品、サービスの独自性、他社との優位性は何か?
・どこからお金をもらい
・どこへお金を払うのか?
・業務オペレーションはどうするのか?

私の場合は、これらすべての仕組みを
総称して、ビジネスモデルと言っています。

儲かるビジネスモデルもあれば
全然、儲からないビジネスモデルもあります。
それは、ビジネスをする前から、ビジネスモデルを
確認すれば分かります。

非常に不安定なビジネスモデルもあれば、
非常に安定しているビジネスモデル
もあります。

これも、ビジネスモデルを確認すれば、
ある程度予測がつきます。

では、一人起業におけるビジネスモデルは
どんなものがあるのか?

戦略企画ドットコムのビジネスモデル事例を
交えながら解説したいと思います。

一人起業のビジネスモデル事例:
法人向けコンサルティングビジネス

私の場合、まずは中小企業向けの
業績アップコンサルティングから
スタートしています。

いわゆる、コンサルティングの
顧問契約ですね。

毎月1~2回、クライアントさんを
訪問し、業績アップのための
アドバイスを行うという
ビジネスモデルです。

これは、分かりやすいビジネスモデル
だと思います。

このビジネスモデルのメリットは、
クライアントさえ獲得できれば、
ある程度まとまった収益が
得られる点です。

コストゼロなので、粗利益100%ですね。

ただ、実際にやってみて、以下の
課題を感じました。

コンサルティングビジネスモデルの課題とは?

●課題1:受注のハードルが高い

独立起業1年目は、人脈を通じてクライアントを
開拓し、ビジネスのベースを作ることが
できました。

ただ、その内人脈も尽きてくるので、
安定的に見込み客を開拓できる
仕組み作りが必要です。

一方で、コンサル未経験者が全く知らない
企業に対して、業績アップのコンサルティング
を受注することは、簡単ではありません。

私の場合は、インターネットで見込み客を
開拓することもできましたが、顧客を企業に
限定すると、ビジネスモデルとしては
安定しないという実感がありました。

●課題2:1社当たりの売上金額が大きいので
失った時のリスクが大きい

コンサルティングの場合、クライアントとの
関係がずーっと継続するわけではありません。

必ず、いつかは途切れると思います。

私の場合は、長く続いたケースで3年でした。
もちろん、3か月で終了したケースも
ありますし、

契約期間が残っているにも関わらず、
途中解約されたケースもあります。

企業向けのコンサルティングは、コンサル費用が
ある程度の金額になりますので、安定している時は
良いのですが、失った時は、ダメージが
大きいです。

私もクライアントから相談もなく、
途中解約されたケースがあります。

その時は、やはり焦りますよね。

●課題3:自分が常に稼働しないといけない

法人向けコンサルティングのビジネスモデルは、
労働集約型です。

コンサルタントとして、常に稼働し続ける
必要があります。

そうなると、体が一つだけでは
足りなくなってきますよね。

売上も限界が見えてくると思います。

仕事が増えるとそれに比例して売上も
増えますが、当然稼働も増えるので
体力的にしんどくなります。

私が実際に法人向け業績アップコンサルティングを
やってみて、実感した課題が上記3つになります。

恐らく、そのままこのビジネスモデルを続けていたら、
うまく行ってないと思います。

では、どのようにビジネスモデルを
進化させたのか?

次回の「メンター」でお伝えしたいと思います。



一人起業戦略.comからのお知らせ


Produced by 戦略企画ドットコム - Powered by アップランナー - Top